teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(816)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(175)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: おお、ライン!!

 投稿者:theta  投稿日:2020年 9月27日(日)19時12分4秒
返信・引用
  > No.5154[元記事へ]

信一さん、すみません、返信を見落としていました。(^_^;

> 今回の復刻は、どんなカートリッジを使っているのでしょう?

LPからの音取りは私が手掛けたものではないのですが、オルトフォンとかそういう特別なものではないと思います。トランスがどうしたとか真空管アンプがナントカカントカみたいな御大層な話ではなく、普通のオーディオで再生してデジタル収録しただけです。音取りしたものに、レベルとフォノイコライザーの微調整だけ私が施して音源化しました。音の鮮度や質感は完全にこの盤ならではのもので、私の調整は関係ありません。
 
 

Re: スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月27日(日)17時00分34秒
返信・引用
  > No.5158[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。
ここで、偶然見つけました。

https://www.abebooks.com/servlet/SearchResults?ds=20&sortby=17&kn=schuricht&sgnd=on&cm_sp=pan-_-srp-_-ptall

背の部分をテープで補強って書いてあるので、フルネが日常的に使っていた可能性があります。もし中身にシューリヒトの書き込みが無かったら、フルネの貧乏を見かねてシューリヒトが買ってあげたということになり、いっぱい書き込みがあったなら、自分が使っていたスコアをフルネに請われてあげたということになります。
後者であってほしいなぁ


> 信一さん
>
> えっ?!
> そんなもの、どこにあったのですか? ^o^;;
>
>
> 信一さんへのお返事です。
>
> > シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
> > 表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
> > この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
> > サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
> > 書き込み一杯ありますように、、、
 

Re: スコア

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 9月27日(日)08時06分59秒
返信・引用
  > No.5148[元記事へ]

信一さん

えっ?!
そんなもの、どこにあったのですか? ^o^;;


信一さんへのお返事です。

> シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
> 表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
> この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
> サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
> 書き込み一杯ありますように、、、
 

Re: おお、ライン!!

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月21日(月)09時22分24秒
返信・引用
  > No.5152[元記事へ]

中学生の時に無我夢中で聞いた気持ちが、この年になっても蘇ってきます。この音なんです!
10インチですか、両面にカッティングされてると思うので、音溝の余裕が音の鮮度を保っているのでしょうか?
オフ会で聞いたMZは、私の記憶に一番近かったけれど、重心の低いオルトフォンだったので同じカートリッジで聞いてみる必要がありますね。
今回の復刻は、どんなカートリッジを使っているのでしょう?


thetaさんへのお返事です。

> 信一さん
>
> そのお言葉を頂戴できて、私も本望です。(^o^)v
>
> 今までいろんな音源を渉猟してきましたが、どうもこれだというものに行き着かず、大本命だったデッカLXT盤も今一歩。
> 答えは「12インチ盤ではなく10インチ盤がベストだった」ということでした。
>
> いつできるかわかりませんが、次回のオフ会でこの10インチ盤をみんなで聴けるといいですね。キングMZ盤との聴き比べなんてのも楽しいかもしれません。
 

Re: おお、ライン!!

 投稿者:theta  投稿日:2020年 9月20日(日)17時43分57秒
返信・引用
  > No.5151[元記事へ]

信一さん

そのお言葉を頂戴できて、私も本望です。(^o^)v

今までいろんな音源を渉猟してきましたが、どうもこれだというものに行き着かず、大本命だったデッカLXT盤も今一歩。
答えは「12インチ盤ではなく10インチ盤がベストだった」ということでした。

いつできるかわかりませんが、次回のオフ会でこの10インチ盤をみんなで聴けるといいですね。キングMZ盤との聴き比べなんてのも楽しいかもしれません。
 

おお、ライン!!

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月20日(日)17時14分56秒
返信・引用
  THETAさん

youtubeのパリ音楽院のラインを聞いています。
https://www.youtube.com/watch?v=CtRMxKD9nAA
この音こそ、いつも私の中で鳴っている、聞こえてこなければならないシューリヒトのラインの音です!!!
奇跡のシューリヒトが聞こえる!! 心を別次元に高めてくれる、ヒロイックに陶酔する響き!!
どんなに感謝してもしきれない!!
 

Re: スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月20日(日)12時44分49秒
返信・引用
  > No.5149[元記事へ]

フルネは、1913年生まれで、1942年当時29歳 ウィキによればマルセイユ歌劇場の第2指揮者だったようです。
まさか、ミニュチュアスコアが買えないだろうからと、シューリヒトがまっさらのスコアを送るはずもなく、解釈上のアイデアや注意を添えて若い同僚に贈ったのでは?と想像します。
もっとも、フルネがスコアを買ってきて、表紙にサインをもらったという可能性もあるのですが、、、、でも、、、そんな若い娘じゃないだろに、、、クナならそう言って拒絶しますが(笑)

シューリヒトのブラームスの第1は、3種ありますが、いずれも問題作かなぁ。もし、解釈上のヒントが入っていたのならシューリヒトを尊敬していたフルネの宝物だったのでは?と想像されます。

もし書き込みが入っていたなら、全頁スキャンして公開しましょう。





thetaさんへのお返事です。

> 信一さん
>
> 書き込み......それはすごいですね。しかもブラ1!
>
> 解読結果を楽しみにしております!!
>
>
> > シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
> > 表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
> > この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
> > サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
> > 書き込み一杯ありますように、、、
 

Re: スコア

 投稿者:theta  投稿日:2020年 9月20日(日)12時19分39秒
返信・引用
  > No.5148[元記事へ]

信一さん

書き込み......それはすごいですね。しかもブラ1!

解読結果を楽しみにしております!!


> シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
> 表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
> この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
> サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
> 書き込み一杯ありますように、、、
 

スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月20日(日)08時36分39秒
返信・引用
  シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
書き込み一杯ありますように、、、
 

Re: ハフナー未完成のモノラル盤

 投稿者:theta  投稿日:2020年 8月30日(日)18時56分37秒
返信・引用
  > No.5140[元記事へ]

信一さん

ウィーン・フィルらしさ、ホールの響きの感じ、シューリヒトならではのさらりとした爽やかさが、Nishitani氏復刻ではよく出ていると思います。これまでに聴いた各種の復刻の中で、ホールで鳴っていた原音に一番近いのかもしれません。正直、この二つの録音は私にとっては《シューリヒト》を感じられない演奏の代表格でしたので。

> 以前いただいたものと同じかなとは思ったのですが、すべてを失って、比較の仕様がありませんでした。

そうでしたね...... (ノ_-。)

> 別テイクかと感じたのは、未完成のほうで、第1楽章の第1主題提示の後半です。気のせいと言われるとそうかもしれない(笑)

気付きませんでした。(^^; 聴き直してみようと思います。

> ところで、WEBに組み込まれてあったり、youtubeの音源を聞くとき、ブラウザをマイクロソフトウェッジで聞くと、非常に音がいいと感じています。

私はChromeですが、ブラウザによって再生やダウンロードに対応するしないの違いはあっても、再生音の違いがあるとは思いもよりませんでした!

さっそく、試してみようと思います。
 

レンタル掲示板
/140