teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(816)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(175)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 本日到着!Re: スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年10月 1日(木)13時20分48秒
返信・引用
  > No.5176[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

そうか、まだ私しか見てないんですね。そりゃそうか!
FACEBOOKのほうで連絡します。

> 信一さん
>
> そうだったのですね!
> ぜひ表紙の画像を見せていただきたいです。
 
 

Re: 本日到着!Re: スコア

 投稿者:修理人  投稿日:2020年10月 1日(木)11時09分39秒
返信・引用
  > No.5174[元記事へ]

信一さん

そうだったのですね!
ぜひ表紙の画像を見せていただきたいです。


信一さんへのお返事です。

> 修理人さんへ
>
> 修理人さんのHPのコンサート記録で1942年11月15日を調べたら、まさに、パリでシューリヒトはブラームスの第1番を演奏しているではないですか!!!
> うーん、この演奏をフルネは聞きに来て、楽屋でこの楽譜をもらった可能性が高いですね。
> あるいは表紙にサインをもらったのかもしれない。その場合は、中の書き込みはフルネのものとなります。
> まずは、表紙の文章の解読が必要です。
> 残念ですが、私にはとても読めない(笑)
>
>
> > 信一さん
> >
> > シューリヒトの筆跡かどうか判別できると
> > 良いですね。
> >
> >
> > > 修理人さんへのお返事です。
> > >
> > > スコア、本日到着しました!!!!!!
> > > フルネは貧乏ではなかった!!!!爆笑
> > >
> > > 表紙の献呈の言葉以外に、スコアの中には、書き込みがありました!
> > > 全楽章重要部分のテンポをメトロノーム記号でかいてあったり、、リタルダンドやテンポを戻す指定、フルートをオクターブあげるようにとの指定、何かわからない蛇みたいな記号(笑)反復を拒否する指定、表情記号の書き換え、リテヌート指定
> > >
> > > そして、すべてを鉛筆で書き込んでいます。
> > >
> > > 別の筆跡、つまりフルネの書き込んだものと思われるものは全く見当たりませんでした。
> > >
> > > これをもらったフルネは、指定されたところを他に書き込んで、この楽譜を大切に保管していたのではないでしょうか?背表紙はテープで保護されていますが、中の楽譜は80年たったとは思えないくらいきれいですから、、、、
> > >
> > > 1942年11月15日パリと書いてあります。ドイツ軍のフランス全土の占領開始、スターリングラードでのドイツ軍の敗北の始まり。激動の時代のシューリヒトですね。
> > >
> > >
> > >
> > >
> > >
> > >

https://s.yimg.com/aah/yhst-56676699049927/carl-schuricht-vol-ii-beethoven-9th-st-laurent-studio-ysl-t-907-12.jpg

 

Re: 本日到着!Re: スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月29日(火)20時35分17秒
返信・引用 編集済
  > No.5170[元記事へ]

修理人さんへ

修理人さんのHPのコンサート記録で1942年11月15日を調べたら、まさに、パリでシューリヒトはブラームスの第1番を演奏しているではないですか!!!
うーん、この演奏をフルネは聞きに来て、楽屋でこの楽譜をもらった可能性が高いですね。
あるいは表紙にサインをもらったのかもしれない。その場合は、中の書き込みはフルネのものとなります。
まずは、表紙の文章の解読が必要です。
残念ですが、私にはとても読めない(笑)


> 信一さん
>
> シューリヒトの筆跡かどうか判別できると
> 良いですね。
>
>
> > 修理人さんへのお返事です。
> >
> > スコア、本日到着しました!!!!!!
> > フルネは貧乏ではなかった!!!!爆笑
> >
> > 表紙の献呈の言葉以外に、スコアの中には、書き込みがありました!
> > 全楽章重要部分のテンポをメトロノーム記号でかいてあったり、、リタルダンドやテンポを戻す指定、フルートをオクターブあげるようにとの指定、何かわからない蛇みたいな記号(笑)反復を拒否する指定、表情記号の書き換え、リテヌート指定
> >
> > そして、すべてを鉛筆で書き込んでいます。
> >
> > 別の筆跡、つまりフルネの書き込んだものと思われるものは全く見当たりませんでした。
> >
> > これをもらったフルネは、指定されたところを他に書き込んで、この楽譜を大切に保管していたのではないでしょうか?背表紙はテープで保護されていますが、中の楽譜は80年たったとは思えないくらいきれいですから、、、、
> >
> > 1942年11月15日パリと書いてあります。ドイツ軍のフランス全土の占領開始、スターリングラードでのドイツ軍の敗北の始まり。激動の時代のシューリヒトですね。
> >
> >
> >
> >
> >
> >
 

Re: おお、ライン!!

 投稿者:theta  投稿日:2020年 9月29日(火)15時36分48秒
返信・引用
  > No.5168[元記事へ]

信一さん

英デッカの10インチ盤、次回のオフ会があれば必ず持参しますので、ぜひ、でかい音で愉しみましょう!

2番に関しては、CDの音はいいんですが、「良すぎる」なという疑念がずっとあります(笑)。以前にLXT盤起こしを公開しましたが、あれは盤面ノイズがうるさすぎました。もっと良いコンディションの後発盤を見付けるというのが次の宿題であります(笑)。
 

Re: 本日到着!Re: スコア

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 9月29日(火)11時24分55秒
返信・引用
  信一さん

シューリヒトの筆跡かどうか判別できると
良いですね。


> 修理人さんへのお返事です。
>
> スコア、本日到着しました!!!!!!
> フルネは貧乏ではなかった!!!!爆笑
>
> 表紙の献呈の言葉以外に、スコアの中には、書き込みがありました!
> 全楽章重要部分のテンポをメトロノーム記号でかいてあったり、、リタルダンドやテンポを戻す指定、フルートをオクターブあげるようにとの指定、何かわからない蛇みたいな記号(笑)反復を拒否する指定、表情記号の書き換え、リテヌート指定
>
> そして、すべてを鉛筆で書き込んでいます。
>
> 別の筆跡、つまりフルネの書き込んだものと思われるものは全く見当たりませんでした。
>
> これをもらったフルネは、指定されたところを他に書き込んで、この楽譜を大切に保管していたのではないでしょうか?背表紙はテープで保護されていますが、中の楽譜は80年たったとは思えないくらいきれいですから、、、、
>
> 1942年11月15日パリと書いてあります。ドイツ軍のフランス全土の占領開始、スターリングラードでのドイツ軍の敗北の始まり。激動の時代のシューリヒトですね。
>
>
>
>
>
>
 

Re: おお、ライン!!

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月28日(月)20時32分43秒
返信・引用
  > No.5160[元記事へ]

thetaさんへのお返事です。

私は、シュアーのM44-7というカートリッジでMZを聞いていました。オルトフォンの音は実をいうと違和感があるんです。DECCAよりDGに向いていると感じるんです。
今回の復刻は、とにかく鮮度が高く、レコード的な音がして、ものすごく、親近感がわきました。
ECCAのCDの復刻音で2番は素晴らしいですが、あのすばらしさでは私はMZを聞いていなかった。もっと高域に歪感があって、鮮度の高さを感じる音で聞いていました。
多分それは、実際に鳴っていたオーケストラの音とは違うのでしょうが、私が親しんだ音でした。
その懐かしい音が、今回の復刻音から聞けて、感無量です。



> 信一さん、すみません、返信を見落としていました。(^_^;
>
> > 今回の復刻は、どんなカートリッジを使っているのでしょう?
>
> LPからの音取りは私が手掛けたものではないのですが、オルトフォンとかそういう特別なものではないと思います。トランスがどうしたとか真空管アンプがナントカカントカみたいな御大層な話ではなく、普通のオーディオで再生してデジタル収録しただけです。音取りしたものに、レベルとフォノイコライザーの微調整だけ私が施して音源化しました。音の鮮度や質感は完全にこの盤ならではのもので、私の調整は関係ありません。
>
 

本日到着!Re: スコア

 投稿者:信一  投稿日:2020年 9月28日(月)16時33分15秒
返信・引用
  > No.5165[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

スコア、本日到着しました!!!!!!
フルネは貧乏ではなかった!!!!爆笑

表紙の献呈の言葉以外に、スコアの中には、書き込みがありました!
全楽章重要部分のテンポをメトロノーム記号でかいてあったり、、リタルダンドやテンポを戻す指定、フルートをオクターブあげるようにとの指定、何かわからない蛇みたいな記号(笑)反復を拒否する指定、表情記号の書き換え、リテヌート指定

そして、すべてを鉛筆で書き込んでいます。

別の筆跡、つまりフルネの書き込んだものと思われるものは全く見当たりませんでした。

これをもらったフルネは、指定されたところを他に書き込んで、この楽譜を大切に保管していたのではないでしょうか?背表紙はテープで保護されていますが、中の楽譜は80年たったとは思えないくらいきれいですから、、、、

1942年11月15日パリと書いてあります。ドイツ軍のフランス全土の占領開始、スターリングラードでのドイツ軍の敗北の始まり。激動の時代のシューリヒトですね。





 

Re: スコア

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 9月27日(日)23時58分3秒
返信・引用
  > No.5159[元記事へ]

信一さん

信一さんが買ったので、今は表示されていないようですね。
しかし、すごいものを見つけましたね!


信一さんへのお返事です。

> 修理人さんへのお返事です。
> ここで、偶然見つけました。
>
> https://www.abebooks.com/servlet/SearchResults?ds=20&sortby=17&kn=schuricht&sgnd=on&cm_sp=pan-_-srp-_-ptall
>
> 背の部分をテープで補強って書いてあるので、フルネが日常的に使っていた可能性があります。もし中身にシューリヒトの書き込みが無かったら、フルネの貧乏を見かねてシューリヒトが買ってあげたということになり、いっぱい書き込みがあったなら、自分が使っていたスコアをフルネに請われてあげたということになります。
> 後者であってほしいなぁ
>
>
> > 信一さん
> >
> > えっ?!
> > そんなもの、どこにあったのですか? ^o^;;
> >
> >
> > 信一さんへのお返事です。
> >
> > > シューリヒトがジャン・フルネに贈ったブラームスの交響曲第1番のミニュチュアスコアを注文しました。
> > > 表紙の献呈の言葉に、1942年と書かれてあります。
> > > この二人の関係を考えると、解釈とかを伝える目的だと思うので、中の楽譜のいろいろなところに、シューリヒトの書き込みがあるかもしれません。
> > > サイン入りブロマイドとかはあまり興味がないので、買ったことはありませんでしたが、こればかりは、、、、
> > > 書き込み一杯ありますように、、、
 

Re: RE:おお、ライン!!

 投稿者:theta  投稿日:2020年 9月27日(日)22時15分25秒
返信・引用
  > No.5161[元記事へ]

なんと、ダリンさん、お久しぶりでございます!

> ドイツ盤10インチから、第一楽章をflac化してみましたので、よろしかったらお聴きください。

聴かせていただきます!
 

RE:おお、ライン!!

 投稿者:ダリン  投稿日:2020年 9月27日(日)22時08分51秒
返信・引用
  ドイツ盤10インチから、第一楽章をflac化してみましたので、よろしかったらお聴きください。
シューリヒト再生プロジェクト掲示板にアップしました。
 

レンタル掲示板
/140