teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(516)
  2. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  3. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


1961年VPOとのミサ・ソレムニス

 投稿者:theta  投稿日:2019年 2月 5日(火)21時17分34秒
返信・引用
  カナダに歴史的音源の復刻をCDRで販売しているSt Laurent Studioというレーベルがあります。
このレーベルから、シューリヒトが1961年にヴィーン・フィルを振った「ミサ・ソレムニス」が出ているのを先日たまたま発見しました。リンクはこちら:http://www.norpete.com/c1648.html
以前に海賊盤CD-Rの某レーベルから出ていたのは知っていましたが、何となく二の足を踏んでしまい未入手だったものです。
今回紹介のCDRも一部に欠落があるとのことで、海賊盤?にも同様の説明がありましたので、音源は恐らく同一と思われます。どちらがオリジナルかは不明ですが。。。いずれにせよエアチェック音源でしょう。
いつかORFの正規音源で欠落のないものが出てくれるのでは。。。との期待もあり、これも入手すべきかどうか迷っています(笑)

ミサ・ソレムニスに限らず、まだ正規CD化されていない放送局音源はいろいろあるはずです。
海賊盤CD-Rになっているものでいえば、シューマンの4番、メンデルスゾーンの宗教改革、RIASとのベートーヴェン2,5番などなど。スイス・ロマンドとの音源もいくつかあったように思います。
シュトゥットガルトはほぼ出尽くしたでしょうが、フランクフルト、バイエルン、ハンブルク、仏INAなどにまだまだ眠っている音源はあるのでしょうね。どうせ日本でしか売れないシューリヒト。キングインターナショナルさんの奮起?に期待したいです。
 
 

Re: 情報の山

 投稿者:theta  投稿日:2019年 2月 5日(火)21時02分55秒
返信・引用
  > No.4651[元記事へ]

修理人さん、本当にお久しぶりです!改めまして宜しくお願いします。

> Dr. Eric Deromに教えていただきましたが、第1次世界大戦中の新聞記事などがデジタル化・公開されています。下のリンクはシューリヒトに関する記事を検索した結果です。
> 今後ホームページのコンサートリスト中に、これらの情報を加えようと思うのですが、さて大変な作業になりそうです。^_^;

ちらっと見ましたが、ヴィースバーデン時代の貴重な資料がいろいろありそうですね。
しかし、確かにこれを読み込むのは大変だぁ(笑)
修理人さんのページ、シューリヒト文献が世界一充実しているアーカイブになりそうですね。
なりそうというか、既にそうなのかも。(^_^;
 

情報の山

 投稿者:修理人  投稿日:2019年 2月 5日(火)12時51分46秒
返信・引用
  thetaさん、お久しぶりです。今後ともよろしくお願いします!

Dr. Eric Deromに教えていただきましたが、第1次世界大戦中の新聞記事などがデジタル化・公開されています。下のリンクはシューリヒトに関する記事を検索した結果です。
今後ホームページのコンサートリスト中に、これらの情報を加えようと思うのですが、さて大変な作業になりそうです。^_^;

https://sammlungen.hebis.de/1914/search/quick?query=schuricht

 

おひさしぶりです

 投稿者:theta  投稿日:2019年 2月 2日(土)16時41分29秒
返信・引用
  みなさま、お久しぶりです。
数年前まで、thetaというバカな常連投稿者がいたことを覚えておられますか?
この掲示板と常連のみなさんがお変わりなく元気でおられるようで、嬉しく思っております。
また、時々寄らせていただきますね。
なお、私のシューリヒト愛は不滅ですので、本板への参加資格は今なお有効であると勝手に理解させて頂いております(笑)
改めまして、宜しくどうぞ。
 

新年

 投稿者:信一  投稿日:2019年 1月 2日(水)11時55分57秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。  

新年

 投稿者:修理人  投稿日:2019年 1月 1日(火)22時06分26秒
返信・引用
  皆様、明けましておめでとうございます。  

ロス・アンヘレスとシューリヒトのビデオ

 投稿者:修理人  投稿日:2018年11月13日(火)16時39分9秒
返信・引用 編集済
  こんにちは。
以前、スイスロマンド管のビデオに挿入されていたロス・アンヘレスの歌唱部分がYoutubeにありました。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=9B4oQ-oiYpI

 

ウィーンフィルアメリカ公演

 投稿者:修理人  投稿日:2018年10月27日(土)14時24分25秒
返信・引用
  こんにちは。
表記の演奏会ブックレットを入手しましたので、ウェブに掲載しました。

http://carlschuricht.com/UStour-booklet.htm

 

シューリヒト指揮のコンサートホール盤LPをデジタル化したものが

 投稿者:matsumo  投稿日:2018年 9月25日(火)18時05分27秒
返信・引用
  以下の5chにシューリヒト指揮のコンサートホール盤LPをデジタル化したものが2枚分、upされています。

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/classical/1487423297/l50

763と764ですので、ご興味ある方はダウンロード下さい。
 

これから先の願い

 投稿者:信一  投稿日:2018年 9月15日(土)19時11分42秒
返信・引用
  このところ新譜の勢いが止まって、停滞しています。
ただ、シューリヒトファンとして、あと何が必要なのでしょう?
戦前の録音から最後のコンサートホールのバッハまで、市販用の録音は、ほとんど聞けるようになりました。
ライブも
ウィーン・フィルとの国連コンサート、晩年のベルリン・フィルとのブルックナー第7、ルツェルンのブラームス第2の完結。
夢に見たリリースが現実の物となりました。
正直、人生の残り時間を使って、聞き尽くすには十分すぎる量の音源を手に入れることができました。
たしかに、大量のシュツットガルト放送の記録が、ヘンスラーという間抜けなレーベルによって、台無しになってしまった悔いがあります。
しかし、フランス国立放送のライブやウィーンフィルのライブが丁寧な復刻でアルトゥスからリリースされたのは、望外の喜びです。

さて、これ以上何を?

できることなら、ウィーン・フィルとのブルックナー第7が聞いてみたい。アメリカ旅行中の記録がないでしょうか?カナダのトロントにはあるような気がする。

物持ちのいいオランダの放送でハーグフィルとの演奏記録が聞きたい。ハーグフィルとは、かなり長い間の関係があり、シュツットガルトと同等?それ以上の関係があったかもしれません。

映像の記録、これもあるんじゃないかなぁ。

そうはいっても、まずは今ある音源を味わい尽くすこと、、、そこにありますね
 

レンタル掲示板
/123