• [0]
  • パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3

  • 投稿者:matsumo
 
パブリック・ドメインになったクラシックの歴史的音源についての、自由な情報交換の掲示板です。

投稿者
題名
*内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [284]
  • LP「グノー:聖チェチリア荘厳ミサ曲」(アルトマン指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月18日(火)18時07分24秒
  • 編集済
  • 返信
 
再upです。

<グノー:聖チェチリア荘厳ミサ曲>
ジャン・クロード・アルトマン指揮パリ音楽院管弦楽団、ルネ・デュクロ合唱団、アンリエット・ピュイ・ロジェ(org)、ピラール・ローレンガー(S)、ハインツ・ホッペ(T)、フランツ・グラス(Bs)
1963年録音
LPレコード 東芝音楽工業 AA-9707

A面:キリエ、グローリア、クレード
Gounod_MesseSolennelle_de_SainteCecile_Hartemann_ParisConservatoireO_1963A.flac(125MB)
http://fast-uploader.com/file/7092268341732/
削除予定日時 2018年10月12日 09時39分56秒

B面:オフェルトリウム、サンクトゥス、ベネディクトゥス、アニュス・デイ、ドミネ・サンヴル
Gounod_MesseSolennelle_de_SainteCecile_Hartemann_ParisConservatoireO_1963B.flac(91.0MB)
http://fast-uploader.com/file/7092268444876/
削除予定日時 2018年10月12日 09時41分39秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [283]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(30)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月15日(土)11時09分32秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第30弾です。

シドニー・レイナー(T)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1Hn7jfNtLzWHuJgag-gmJDVT1aKTGpHJ1?usp=sharing


  • [282]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第6番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月14日(金)18時54分59秒
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第7弾です。

ベートーベン:弦楽四重奏曲第6番
ブダペスト弦楽四重奏団
1945年録音
SONY 「MASTERWORKS HERITAGE」 88883 73273 2

Beethoven_StringQuartet_No06_BudapestSQ_1945_Tube01J+GEQ.flac(218MB)
http://fast-uploader.com/file/7091058737548/
削除予定日時 2018年09月28日 09時39分51秒


  • [281]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」”(ラインスドルフ指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月13日(木)14時08分17秒
  • 編集済
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第6弾です。

ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」
エーリッヒ・ラインスドルフ指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団
マージョリー・ローレンス(S)、ラウリッツ・メルヒオール(T)、キルスティン・フラグスタート(S)、ジュリウス・フェーン(BsBr)
1940年録音
SONY 「Wagner at The Met」 LC06868 88765 42717 2

第1幕
Wagner_Walkure_Act1_Leinsdorf_MetropolitanOpera_O_1940_Tube01J+GEQ.flac
http://fast-uploader.com/file/7092266921547/
削除予定日時 2018年09月19日 09時16分15秒

第2幕
Wagner_Walkure_Act2_Leinsdorf_MetropolitanOpera_O_1940_Tube01J+GEQ.flac
http://fast-uploader.com/file/7092267292328/
削除予定日時 2018年09月19日 09時22分26秒

第3幕
Wagner_Walkure_Act3_Leinsdorf_MetropolitanOpera_O_1940_Tube01J+GEQ.flac
http://fast-uploader.com/file/7092267581473/
削除予定日時 2018年09月19日 09時27分15秒

出演者
http://fast-uploader.com/file/7092370214762/


  • [280]
  • LP「ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番」(ブッシュ弦楽四重奏団)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月12日(水)16時25分7秒
  • 返信
 
再upです。

<ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番>
ブッシュ弦楽四重奏団
1933年録音
LPレコード 東芝音楽工業 GR2232

Beethoven_StringQuartet_No09_BuschSQ_1933A.flac(107MB)
http://fast-uploader.com/file/7091060895030/
削除予定日時 2018年09月28日 10時15分49秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [279]
  • LP「ブルックナー:交響曲第7番」(コンヴィチュニー指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月11日(火)14時26分42秒
  • 返信
 
<ブルックナー:交響曲第7番>
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
1958年録音
LPレコード 日本コロンビア OP-7108/09K

Bruckner_Symphony_No7_Konwitschny_Gewandhaus_O_1958A_D.flac(313MB)
http://fast-uploader.com/file/7091060143262/
削除予定日時 2018年09月28日 10時03分17秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [278]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(29)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月10日(月)10時13分34秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第29弾です。

ユッシ・ビョルリンク(T)(16ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/16yl1tkvzYqrtI-2WzqXrh0wOsP5NH3cj?usp=sharing


  • [277]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(28)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 9日(日)09時30分45秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第28弾です。

ポール・フランツ(T)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1L8zrScV7TxBJ9vIvvNHTZvdAZQ0ahgrA?usp=sharing


  • [276]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第5番」(カペーSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 8日(土)17時30分49秒
  • 編集済
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

お聴きいただき、有り難うございます。

そんなことをおっしゃらないで、信一さんのものを期待してお待ちしています。


  • [275]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”楽劇「ラインの黄金」”(スティードライ指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 8日(土)17時28分21秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

ワルター指揮の「魔笛」

これ、当初、ワルターが望んで新米語訳の歌詞で歌われる予定でしたが、その翻訳がうまくなくて、結局、従来、使われていた米語訳で歌われたものだそうです。

一方、「フィデリオ」の方は、ドナルド・キーン氏も聴いたもので、レオノーレ序曲第3番が演奏されたら、20分間位拍手が続いたのだそうです。


  • [274]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(27)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 8日(土)17時23分50秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第27弾です。

奥田良三(T)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1eGzaFMFyIl-UZbPcAsZXpY97pAAmdNkl?usp=sharing


  • [273]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第5番」(カペーSQ)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 9月 7日(金)09時27分8秒
  • 返信
 
The Art of the Capet String Quartetと聞き比べてみましたが、音像が大きくなって、表現が積極的に前へ出てくる印象です。特にチェロのアタックに実在感があって、びっくりです。
これは、私のハイレゾ手法より優れていると思います。
しばらくROMに徹します((笑)


>>271
> SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。
>
> その第5弾です。
>
> ベートーベン:弦楽四重奏曲第5番
> カペー四重奏団
> 1928年録音
> 東芝EMI TOCE-6169
>
> Beethoven_StringQuartet_No05_CapetSQ_1928_Tube01J+GEQ.flac(188MB)
> http://fast-uploader.com/file/7091059440264/
> 削除予定日時 2018年09月12日 09時51分34秒
>

  • [272]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”楽劇「ラインの黄金」”(スティードライ指揮)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 9月 7日(金)09時20分41秒
  • 返信
 
Matsumoさん
魔笛ダウンロードさせていただきました。
聞きやすい音質で、鑑賞には充分です。冒頭の部分を聞いているところですが、表現の幅が深いですね。すごく期待できます。
ありがとうございました。

> >ワルターのメトのライブ
>
> LPで(1)「運命の力」と(2)「魔笛」を、CDでは(3)「ドン・ジョバンニ」、(4)「フィデリオ」を持っています。私のやり方だと、雑音が多いものはダメですので、(1)(2)は日本ブルーノ・ワルター協会のものでダメ、(3)はNaxos、(4)はGuildのもので、こちらは結構、雑音を除去しているので可能性はありますが、肝心のものが部屋のどこにあるのかわからない状態です(苦笑)。「フィガロの結婚」は持っていませんが、宇野氏の本によると、劣悪の録音だそうです。
>
> なお、mp3ファイルですが、「魔笛」と「フィデリオ」は以下のURLにありますので、ご興味があればダウンロードの上、お聴き下さい。
>
> http://www.geocities.jp/matsumo22000/sound201/page99bd.htm
>

  • [271]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第5番」(カペーSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 6日(木)16時56分19秒
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第5弾です。

ベートーベン:弦楽四重奏曲第5番
カペー四重奏団
1928年録音
東芝EMI TOCE-6169

Beethoven_StringQuartet_No05_CapetSQ_1928_Tube01J+GEQ.flac(188MB)
http://fast-uploader.com/file/7091059440264/
削除予定日時 2018年09月12日 09時51分34秒


  • [270]
  • LP「ベートーベン:弦楽四重奏曲第8番」(ブッシュ弦楽四重奏団)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 5日(水)16時33分40秒
  • 返信
 
再upです。

<ベートーベン:弦楽四重奏曲第8番>
ブッシュ弦楽四重奏団
1941年録音
LPレコード CBS SONY 20AC1295

Beethoven_StringQuartet_No08_BuschSQ_1941A.flac(139MB)
http://fast-uploader.com/file/7091060638822/
削除予定日時 2018年09月12日 10時11分33秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [269]
  • LP「シューマン:交響曲第4番」(コンヴィチュニー指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 4日(火)10時57分24秒
  • 返信
 
<シューマン:交響曲第4番>
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
1961年録音
LPレコード 日本フォノグラム FG-253

Schuman_Symphony_No04_Konwitsehny_Gewandhaus_O_1961B.flac(156MB)
http://fast-uploader.com/file/7091059906320/
削除予定日時 2018年09月12日 09時59分20秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [268]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(26)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 3日(月)17時03分19秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第26弾です。

アメリータ・ガリ・クルチ(S)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/158n-pFNcQzXUUwLWiL9-drqsqMmzB-vG?usp=sharing


  • [267]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”楽劇「ラインの黄金」”(スティードライ指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 3日(月)16時57分59秒
  • 編集済
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

>ハンス・ホッター

ううん、多分、食べるだけで大変だったのではと思います。

>ワルターのメトのライブ

LPで(1)「運命の力」と(2)「魔笛」を、CDでは(3)「ドン・ジョバンニ」、(4)「フィデリオ」を持っています。私のやり方だと、雑音が多いものはダメですので、(1)(2)は日本ブルーノ・ワルター協会のものでダメ、(3)はNaxos、(4)はGuildのもので、こちらは結構、雑音を除去しているので可能性はありますが、肝心のものが部屋のどこにあるのかわからない状態です(苦笑)。「フィガロの結婚」は持っていませんが、宇野氏の本によると、劣悪の録音だそうです。

なお、mp3ファイルですが、「魔笛」と「フィデリオ」は以下のURLにありますので、ご興味があればダウンロードの上、お聴き下さい。

http://www.geocities.jp/matsumo22000/sound201/page99bd.htm


  • [266]
  • Re:ハイレゾ再現 フーベルマンのバッハ無伴奏

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 3日(月)16時47分5秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

すいません、私の頭はフォイアマンとフーベルマンがごちゃごちゃになっていて、つい、「チェリストのフーベルマン」と思いこんでしまって、フーベルマンのバッハ無伴奏、すなわち、無伴奏チェロ組曲だと思ってしまいました。ですから、太目のバイオリンの音をチェロと思いこんで聴いてしまいました(赤顔)。赤恥ですね!

修正バージョン、早速、いつもの装置で聴かせていただきました。その後、同じ装置で、先日、入手した「J.S.Bach Complete Edition」(CDが142枚入っているCD-BOXで、送料税込み9,068円)中の同じ曲を聴きました(Kristof Barati(vn))。

さて、感想ですが、デジタル録音のBaratiのものと比較して、最初の5分間?程の雑音を除けば、音質的には不満はないですね。1950年代のモノラル録音と言っても通じると思います。一方、演奏の方で「オッ!」と思ったのはシャコンヌの後半の熱っぽさですね。


  • [265]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”楽劇「ラインの黄金」”(スティードライ指揮)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 9月 3日(月)09時28分49秒
  • 返信
 
matsumoさん

音のノリがいいですね。偶数高調波は、艶やかになるので気持ちよく聞けますね。
1951年といえば、ドイツはまだがれきの山でしょう。最高に繁栄しているニューヨークで、ホッターはどういう気持ちで歌ったんでしょう?あ、この年はバイロイトの再開の年ですね!
こうなるとワルターのメトのライブなんかも聞いてみたいです。魔笛とかフィガロとか、、、
(聞いたことないので、期待してます)

  • [264]
  • Re: Re:ハイレゾ再現 フーベルマンのバッハ無伴奏

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 9月 2日(日)11時35分14秒
  • 返信
 
matsumoさん

感想を読んで、あれっと思い確認したら調整半ばのものをアップしてしまいました(汗)
高域を調整する前のものなので、チェロに聞こえたかも、、、
えーと、これは編曲ではなく、ヴァイオリン無伴奏パルティータの原曲です。

下に再アップします。
http://fast-uploader.com/file/7091410598661/

最初の部分は、調音の音が入っていたので、マニアックに残しました。最初の5分くらいは、かなり鈍い音でかつ不安定です。

フーベルマンの独特の妖しさは、3曲目のsarabandeに顕著です。





>>263
> 信一さん、こんにちは
>
> 早速、いつもの装置で聴かせていただきました。私はてっきり「バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番」と思って聴き始めたら、あれ、違うと思ってよく読んで、無伴奏バイロリンソナタのチェロ編曲版だとわかりました。
>
> 最初の方、変な雑音が気になって、こりゃあ、これがずっと続くのかと思いましたが、途中よりそれが無くなり、曲に集中できるようになりました。もし、私でしたら、最初の方の曲が始まる前、フェードインしたと思います。
>
> さて、感想ですが、1942年の録音とは聞こえず、1950年代の録音のように聞こえます。この曲はバイオリンで演奏した方が好きですが、それでも、シャコンヌは曲の偉大さがよくわかるものでした。
>

  • [263]
  • Re:ハイレゾ再現 フーベルマンのバッハ無伴奏

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 2日(日)10時35分59秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

早速、いつもの装置で聴かせていただきました。私はてっきり「バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番」と思って聴き始めたら、あれ、違うと思ってよく読んで、無伴奏バイロリンソナタのチェロ編曲版だとわかりました。

最初の方、変な雑音が気になって、こりゃあ、これがずっと続くのかと思いましたが、途中よりそれが無くなり、曲に集中できるようになりました。もし、私でしたら、最初の方の曲が始まる前、フェードインしたと思います。

さて、感想ですが、1942年の録音とは聞こえず、1950年代の録音のように聞こえます。この曲はバイオリンで演奏した方が好きですが、それでも、シャコンヌは曲の偉大さがよくわかるものでした。


  • [262]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(25)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 2日(日)10時25分48秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第25弾です。

クレール・ドゥックス(S)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1YF7yx0T8LOLf2FJECLRC4660naftgLR4?usp=sharing


  • [261]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(24)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 9月 1日(土)14時53分1秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第24弾です。

エドモン・クレーマン(T)(3ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/13DVI83LKEH91KG8yinCZaXAHG_KtB38W?usp=sharing


  • [260]
  • ハイレゾ再現 フーベルマンのバッハ無伴奏

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 9月 1日(土)10時44分4秒
  • 編集済
  • 返信
 
久しぶりにハイレゾ化に挑戦しました。
フーベルマンのバッハ無伴奏パルティータ第2番です。
フォーマットは、周波数ではなく解像度にfocusして48kHz24bitにしました。元の音源はステレオカートリッジでLP再生されたものだったのでステレオ感があり、それでもよかったのですが、演奏の気迫に集中できるようモノラル化しました。
この録音はライブの上、短波長のラジオ?の録音のようで音質が安定しないので、苦労しました。それでも、広まっているこの音源のうち、最良の音に持って行けたと自負します。
パイオニアCDプレーヤPD-HL1(ハイビットレガートコンバーション)内部コンデンサーを交換、OPアンプをOPA627AUに差し替えて、ハイビット化された音をTASCAM DR-40で録音。パソコンソフトAUDUXCYでイコライゼーションを施し、モノラル化しました。
下からダウンロードできます。
(再アップしました。そちらをダウンロードしてください)

  • [259]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”楽劇「ラインの黄金」”(スティードライ指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月31日(金)15時19分28秒
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第4弾です。

ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」
フリッツ・スティードライ指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団
ハンス・ホッター(BsBr)、マーガレット・ハーショー(Ms)
1951年録音
SONY 「Wagner at The Met」 LC06868 88765 42717 2

第1場・第2場
Wagner_Rheingold_Scene1_Scene2_Stiedry_MetropolitanOperaO_1951_Tube01J+GEQ.flac(875MB)
http://fast-uploader.com/file/7091057673766/
削除予定日時 2018年09月05日 09時22分07秒

第3場・第4場
Wagner_Rheingold_Scene3_Scene4_Stiedry_MetropolitanOperaO_1951_Tube01J+GEQ.flac(718MB)
http://fast-uploader.com/file/7091058058795/
削除予定日時 2018年09月05日 09時28分33秒

出演者
Rheingold.jpg
http://fast-uploader.com/file/7091059556689/


  • [258]
  • LP「ベートーベン:弦楽四重奏曲第7番」(ブッシュ弦楽四重奏団)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月29日(水)16時18分4秒
  • 編集済
  • 返信
 
再upです。

<ベートーベン:弦楽四重奏曲第7番>
ブッシュ弦楽四重奏団
1942年録音
LPレコード CBS SONY SOCU12

第1・2楽章:Beethoven_StringQuartet_No07_BuschSQ_1942A.flac(74.6MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337697921/
削除予定日時 2018年09月08日 11時35分52秒

第3・4楽章:Beethoven_StringQuartet_No07_BuschSQ_1942B.flac(73.6MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337772198/
削除予定日時 2018年09月08日 11時37分06秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [257]
  • LP「シューマン:交響曲第3番」(コンヴィチュニー指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月28日(火)16時40分36秒
  • 返信
 
<シューマン:交響曲第3番>
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本フォノグラム FG-253

Schuman_Symphony_No03_Konwitsehny_Gewandhaus_O_1960B.flac(177MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337468513/
削除予定日時 2018年09月08日 11時32分02秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [256]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(23)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月27日(月)17時06分4秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第23弾です。

マージョリー・ローレンス(S)(1ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/14hb4fZ0Q9rhsMcR9Wn-pq9TwLhHEI0mB?usp=sharing


  • [255]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(22)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月27日(月)17時04分36秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第22弾です。

シャルル・パンゼラ(Br)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1IpZjZNxmU-IPPDZGWgmINLumQCrUeF6E?usp=sharing


  • [254]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(21)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月25日(土)09時56分21秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第21弾です。

エルネスチィーネ・シューマンハインク(A)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1geaFq8C2tzgVMMdUr4GApcQteEhdeVjf?usp=sharing


  • [253]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 8月24日(金)08時08分29秒
  • 返信
 
 真空管の高調波歪というのは、偶数次のものですね。2A3とか300Bとか有名な直熱3極管の発生する歪ですよね。ミニチュア管で歪特性の悪いものをNFBのような化粧をしないで使って、再生音に味付けしようということでしょうね。
 真空管の柔らかい音ってよく言いますが、私はやわらかいっていうのには懐疑的です。艶が乗るというのはわかるんですが、、、
 戦前の録音で、生々しい音がするものがありますが、あの生々しさは多分偶数次の高調波歪ですね。
 楽器には本来、偶数次の高調波歪が倍音で発生している。だから、同じ歪を持つ3極管は音がいいといわれてきました。
 しかし、録音する側ですでに付加された歪に、再生時に歪を乗せて、本当にいいのかな?とか、そもそも、イレギュラーな楽音のひずみと定量的にひずむアンプのひずみと同じに考えるのはどうなの?
 とか、いろいろ、考えてしまいますね。
 15000円払えば済むことですが((笑)
 頭で考えても、いろいろな事情が絡むオーディオの世界なので、、、、、最終的な音に魅力があればそれで良しとすべきでしょう。

 私の現時点での復刻の理想形は、シューリヒトの10CDのDECCA録音のボックスです。(オリジナルジャケットの絵を使ったものです)
 復刻エンジニアーのクレジットが無いのが残念ですが、これまでのけば立った明確さとは一線を画す”美しい”音です。オーケストラの音として、正しい音がします。オリジナルに何かやってると思います。しかし、この薫り高い音は、演奏を楽しむのに最高です。
すごくお金をかけた装置を使っているんじゃないかなぁ。ちょっとまねのできない復刻です。



>>250
> 信一さん、こんにちは
>
> この「直径40cm・33 1/3回転/分」のアルミアセテート盤に録音する方法は、放送局用の録音機器を改良したもののようです。コロンビアの1940年前半の録音はこの方法で行われたそうで、ブッシュSQ.の録音も非常に良いです。
>
> 音楽之友社のハーモナイザーは、設計ラックス、製造中国のようですが、やはり、真空管の高調波歪を付加するもののようですが、TUBE-01Jよりはその量が多いそうです。
>

  • [252]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第4番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月23日(木)15時55分45秒
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第3弾です。

ベートーベン:弦楽四重奏曲第4番
ブダペスト弦楽四重奏団
1941年録音
SONY 「MASTERWORKS HERITAGE」88883 73273 2

Beethoven_StringQuartet_No04_BudapestSQ_1941_Tube01J+GEQ.flac(209MB)
http://fast-uploader.com/file/7089336291466/
削除予定日時 2018年09月08日 11時12分25秒


  • [251]
  • LP「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブッシュ弦楽四重奏団)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月22日(水)16時57分16秒
  • 返信
 
<ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番>
ブッシュ弦楽四重奏団
1933年録音
LPレコード 東芝EMI GR-2231

Beethoven_StringQuartet_No01_BuschSQ_1933A.flac(99.9MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337599267/
削除予定日時 2018年09月08日 11時34分13秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [250]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月21日(火)16時11分55秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

この「直径40cm・33 1/3回転/分」のアルミアセテート盤に録音する方法は、放送局用の録音機器を改良したもののようです。コロンビアの1940年前半の録音はこの方法で行われたそうで、ブッシュSQ.の録音も非常に良いです。

音楽之友社のハーモナイザーは、設計ラックス、製造中国のようですが、やはり、真空管の高調波歪を付加するもののようですが、TUBE-01Jよりはその量が多いそうです。


  • [249]
  • LP「シューマン:交響曲第2番」(コンヴィチュニー指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月21日(火)16時06分33秒
  • 返信
 
<シューマン:交響曲第2番>
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
1961年録音
LPレコード 日本フォノグラム FG-291

Schuman_Symphony_No02_Konwitsehny_Gewandhaus_O_1961B.flac(172MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337298186/
削除予定日時 2018年09月08日 11時29分12秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [248]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(20)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月20日(月)16時22分1秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第20弾です。

フェオドール・シャリアピン[3](Bs)(全5ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1HxlBj6LqB1HdaF8nALF11_lUCvX5i7gJ?usp=sharing


  • [247]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 8月19日(日)18時11分45秒
  • 返信
 
Matsumoさん

> これ、発売はSPレコードでしたが、おそらく、元の録音は「直径40cm・33 1/3回転/分」のアルミアセテート盤だと思います。

ああ、そうなんですか!ソニーの戦前のコロンビア録音を復刻したシリーズでシゲッティのものなど異様に音がいいのがあって不思議に思っていましたが、謎が解けました。

>
> 6月だったか、音楽之友社から真空管を使用した「ハーモナイザー」が15,000円で発売されたのですが、
 調べたらわかりました。LUXが作ってるんですね。大昔、8万円もかけて超音波を付加するというインチキまがいな物を買ったことがありますが、これも、ハーモナイザーというからには、なにか高調波歪のような成分を付加するんでしょうか?
 真空管の温かみのある音をつめたいCD にというのは、CDが発売されたころ80年代後半にガレージメーカーからキットなんかが発売されたことがあります。ハイレゾ化と同じようになんか付録が欲しくなってきた昨今、また復活してきたというわけですね。

 でも、なんかアブない世界のような気もします((笑)15000円って、調味料に買うには、微妙な額ですね。


面白そうと思ったのですが、ビンボーな私には手が出せず、その代わりに同じようなものであるTUBE-01Jを入手したと言う訳です。ただし、当初に付いていたの中国製真空管ではなく、別途、入手した米国GE製真空管に差し替えて使っています。左右の音の位相が微妙に違っているのは、2本の真空管の特性が微妙に違うせいかもしれませんね。
>

  • [246]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月19日(日)16時56分52秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

これ、発売はSPレコードでしたが、おそらく、元の録音は「直径40cm・33 1/3回転/分」のアルミアセテート盤だと思います。

6月だったか、音楽之友社から真空管を使用した「ハーモナイザー」が15,000円で発売されたのですが、面白そうと思ったのですが、ビンボーな私には手が出せず、その代わりに同じようなものであるTUBE-01Jを入手したと言う訳です。ただし、当初に付いていたの中国製真空管ではなく、別途、入手した米国GE製真空管に差し替えて使っています。左右の音の位相が微妙に違っているのは、2本の真空管の特性が微妙に違うせいかもしれませんね。


  • [245]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(19)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月19日(日)16時48分1秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第19弾です。

フェオドール・シャリアピン[2](Bs)(全11ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1OGgXPk6OtWWfOOF_W8aC1o5Tm7elJtQZ?usp=sharing


  • [244]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(18)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月19日(日)16時46分8秒
  • 返信
 
昨日、upするのを忘れていました。

今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第18弾です。

ティタ・ルッフォ(Br)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1zMKo2Ga93dx6m1CAGWjOIM7B27Kuo9IQ?usp=sharing


  • [243]
  • Re: 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 8月18日(土)11時03分8秒
  • 返信
 
matsumoさん

もとの音を持っていないので、比較はできないのですが、バランスのいい響きの上に、ちょっと艶が乗っていて、SPを聞いている感じがしません。音像が若干広がっているのは、アナログ録音時の位相の微妙な違いの影響でしょうか?純正モノラルより結果的に好ましい響き方がします。
TUBE-01Jって5000円以下で買えるんですねぇ。買ってみたくなりました。
私が最近使い始めたDAC-H6JというDACも一万円ですが、実に高性能です。中国製といっても、枯れた技術のうえに半導体が進歩しているので、十分な性能が簡単にできるようになったんですね。侮れないです。

  • [242]
  • 「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番」(ブタペストSQ)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月16日(木)18時26分6秒
  • 編集済
  • 返信
 
SPレコードやアセテート盤から作成されたCDでは、雑音の削りすぎで、高音部や生気が無くなったものが多いのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第2弾です。

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番
ブダペスト弦楽四重奏団
1940年録音
SONY 「MASTERWORKS HERITAGE」 88883 73273 2

Beethoven_StringQuartet_No01_BudapestSQ_1940_Tube01J+GEQ.flac(241MB)
http://fast-uploader.com/file/7089336120668/
削除予定日時 2018年08月23日 11時09分34秒


  • [241]
  • LP「ブラームス:交響曲第2番」(メンゲルベルク指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月15日(水)20時03分46秒
  • 返信
 
<ブラームス:交響曲第2番>
ウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ管弦楽団
1940年録音
LPレコード キングレコード MZ5103

Brahms_Symphony_No2_Mengelberg_ConcertogebouwO_1940A_B.flac(120MB)
http://fast-uploader.com/file/7089337134724/
削除予定日時 2018年08月23日 11時26分29秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [240]
  • LP「シューマン:交響曲第1番」(コンヴィチュニー指揮)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月14日(火)17時53分34秒
  • 返信
 
<シューマン:交響曲第1番>
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本フォノグラム FG-291

Schuman_Symphony_No01_Konwitsehny_Gewandhaus_O_1960A.flac(155MB)
http://fast-uploader.com/file/7089336978547/
削除予定日時 2018年08月23日 11時23分52秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。


  • [239]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(17)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月13日(月)14時00分45秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第17弾です。

フェオドール・シャリアピン[1](Bs)(全10ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/16qQA7WCW2w8yQx1Kh6rEqw8vITz6Vpv8?usp=sharing


  • [238]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(16)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月12日(日)18時27分17秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第16弾です。

ポール・ブランソン(Bs)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1a_zjSyHsBUSJwZAzuBPFkmzlUAokyszN?usp=sharing


  • [237]
  • Re: Re:パハマンのショパン第3弾

  • 投稿者:信一
  • 投稿日:2018年 8月12日(日)10時36分58秒
  • 返信
 
マーストンのものは、盤質がすごくいいので得してると思います。
パハマンは、機械吹込みに真価があるので、OPALのCDが最高です。
電気吹込みは、明らかに衰えていて、香りをかぐくらいかなぁ。
ところで、スレザークさんの音は、今聞くと、かなりハイ落ちですね。マイクを蓄音機から離していたせいでしょうか、それともイコライジングしたんだろうか・今となってはわかりませんが、、

>>236
> 信一さん、こんにちは
>
> マーストンのものって、「ウィーンのマーラー時代」等、結構、持っています。Naxosにも、「隠れマーストン」のものが結構、ありましたよね。それらを含めての印象としては、色々と珍しいものを沢山、出してくれるのは有り難いのですが、高域が出ていない音と言う感じです。
>
> さて、信一さんが作成されたパハマンですが、雑音はやや大きいながらも、「ショパン前奏曲28-3」が一番で、次が「メンデルスゾーン前奏曲35-1」でした。あ、装置はいつものものです。
>

  • [236]
  • Re:パハマンのショパン第3弾

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月11日(土)20時50分43秒
  • 返信
 
信一さん、こんにちは

マーストンのものって、「ウィーンのマーラー時代」等、結構、持っています。Naxosにも、「隠れマーストン」のものが結構、ありましたよね。それらを含めての印象としては、色々と珍しいものを沢山、出してくれるのは有り難いのですが、高域が出ていない音と言う感じです。

さて、信一さんが作成されたパハマンですが、雑音はやや大きいながらも、「ショパン前奏曲28-3」が一番で、次が「メンデルスゾーン前奏曲35-1」でした。あ、装置はいつものものです。


  • [235]
  • 「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(15)

  • 投稿者:matsumo
  • 投稿日:2018年 8月11日(土)10時51分3秒
  • 返信
 
今、亡き「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第15弾です。

フリーダ・ヘンペル(S)(全3ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1M7jufD9VAM2w3eOVgU0ISUjUgThFeeF3?usp=sharing



レンタル掲示板