teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(831)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(175)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


シューリヒト秘蔵ライブ

 投稿者:toshiharu  投稿日:2020年 5月27日(水)20時52分39秒
返信・引用
  シューリヒト生誕140年記念として1995ねんにキングレコードから出たライブ録音が発売されます。

「イタリア・アフェット(Affetto)制作・提供のテープから、25年ぶりに最新リマスタリング!」とのことです。宇野氏解説も収録しています。

https://www.hmv.co.jp/artist_Box-Set-Classical_000000000088040/item_%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88%E7%A7%98%E8%94%B5%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4%EF%BC%886CD%EF%BC%89_10939738?utm_campaign=LHdiv_hmv_extra&utm_medium=email&utm_source=200526_cl_jouhou&site=hmv_extra_in65
 
 

Re: 失敗

 投稿者:theta  投稿日:2020年 5月20日(水)23時31分10秒
返信・引用
  > No.5090[元記事へ]

修理人さん

> うっかり忘れていました。 >_<

残念でした!!(笑)

 

失敗

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 5月20日(水)22時58分16秒
返信・引用
  うっかり忘れていました。 >_<

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w388833702?wr=1&iref=wlr_6&irefopt=15

 

Re: 「芸術家の人生」と「狩」

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 4月20日(月)13時04分32秒
返信・引用
  > No.5076[元記事へ]

thetaさん

こんにちは。
コメントをありがとうございます。
テレワークの合間に、やることを探しています。
さすがにZoomで鑑賞会は無理でしょうけど。^_^;


thetaさんへのお返事です。

> 修理人さん
>
> ありがとうございます!
> コロナ蟄居で何かと気が滅入る日々が続く中、何よりのプレゼントです。
> 新たな気持ちで聴かせていただきます。
>
> > みなさま、こんばんは。
> >
> > 盤をクリーニングして、収録し直しました。50歩100歩かもしれませんが、お試しください。
> >
> > (念のため「再生プロジェクト」の方にも書き込みました。)
 

Re: 「芸術家の人生」と「狩」

 投稿者:theta  投稿日:2020年 4月20日(月)10時53分9秒
返信・引用
  > No.5075[元記事へ]

修理人さん

ありがとうございます!
コロナ蟄居で何かと気が滅入る日々が続く中、何よりのプレゼントです。
新たな気持ちで聴かせていただきます。

> みなさま、こんばんは。
>
> 盤をクリーニングして、収録し直しました。50歩100歩かもしれませんが、お試しください。
>
> (念のため「再生プロジェクト」の方にも書き込みました。)
 

「芸術家の人生」と「狩」

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 4月19日(日)20時23分3秒
返信・引用 編集済
  みなさま、こんばんは。

盤をクリーニングして、収録し直しました。50歩100歩かもしれませんが、お試しください。

(念のため「再生プロジェクト」の方にも書き込みました。)

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-iom3g344pcrrgng7xmv5j6vfn4-1001&uniqid=9cc541cf-2cdf-485d-adf6-fdac5dc169e8

 

エグモント序曲

 投稿者:修理人  投稿日:2020年 3月29日(日)21時00分14秒
返信・引用
  皆さま、こんばんは。

コロナウイルス感染拡大を避けようと、引きこもって音楽三昧のことと存じますがお元気でしょうか?
Hindenburgというレーベルからブルッフのヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェンの交響曲第1番と一緒に、エグモント序曲が収録されています(BURG8027)。これはCDでは初リリースですよね?

http://www.aria-cd.com/arianew/shopping.php?pg=label/hindenburg

 

モーストリークラシック

 投稿者:ALBA  投稿日:2020年 3月18日(水)15時29分35秒
返信・引用
  ほんの2~3行、シューリヒトについての記述がありました。枯淡の境地云々の定形文……ということは、コピペしただけで全然記事になっていませんでした。おそらく、実際に音を聞くことなくお約束の説明をしただけなんでしょうね。ある水準以上の装置でちゃんと聞けば「枯淡の境地」なんて表現する訳ないと思います。  

Re: ウィーンフィルとシューリヒト

 投稿者:theta  投稿日:2020年 2月11日(火)21時37分31秒
返信・引用
  > No.5035[元記事へ]

そんな特集があったのですね。最近は音楽雑誌もさっぱり見なくなったのでノーチェックでしたが、読んでみます。

ちょうど今日、ウィーン・フィルがシューリヒトとブルックナーを録音するきっかけになったといわれる1955年のブルックナー第九のライブをきいていたところでした。

アメリカ公演では第七をやったそうですが、どこかに録音が残っていないものですかね?ウィーンとの第四、第七の録音がないのは本当に残念です。
 

ウィーンフィルとシューリヒト

 投稿者:toshiharu  投稿日:2020年 2月11日(火)18時03分4秒
返信・引用
  書店でモーストリークラシック誌を見ていたらブルックナー特集でした。
「ウィーンフィルのブルックナー」という記事では「シューリヒト 作曲家をありの
ままに」という節で「一人の指揮者で一番数多くの曲を入れている」と紹介していま
した。

また「往年の巨匠のブルックナー演奏の魅力」という記事でも紹介されていました。

2人の人が紹介しているのは嬉しいですね。

 

レンタル掲示板
/142