teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(425)
  2. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  3. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


新年

 投稿者:信一  投稿日:2019年 1月 2日(水)11時55分57秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。  
 

新年

 投稿者:修理人  投稿日:2019年 1月 1日(火)22時06分26秒
返信・引用
  皆様、明けましておめでとうございます。  

ロス・アンヘレスとシューリヒトのビデオ

 投稿者:修理人  投稿日:2018年11月13日(火)16時39分9秒
返信・引用 編集済
  こんにちは。
以前、スイスロマンド管のビデオに挿入されていたロス・アンヘレスの歌唱部分がYoutubeにありました。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=9B4oQ-oiYpI

 

ウィーンフィルアメリカ公演

 投稿者:修理人  投稿日:2018年10月27日(土)14時24分25秒
返信・引用
  こんにちは。
表記の演奏会ブックレットを入手しましたので、ウェブに掲載しました。

http://carlschuricht.com/UStour-booklet.htm

 

シューリヒト指揮のコンサートホール盤LPをデジタル化したものが

 投稿者:matsumo  投稿日:2018年 9月25日(火)18時05分27秒
返信・引用
  以下の5chにシューリヒト指揮のコンサートホール盤LPをデジタル化したものが2枚分、upされています。

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/classical/1487423297/l50

763と764ですので、ご興味ある方はダウンロード下さい。
 

これから先の願い

 投稿者:信一  投稿日:2018年 9月15日(土)19時11分42秒
返信・引用
  このところ新譜の勢いが止まって、停滞しています。
ただ、シューリヒトファンとして、あと何が必要なのでしょう?
戦前の録音から最後のコンサートホールのバッハまで、市販用の録音は、ほとんど聞けるようになりました。
ライブも
ウィーン・フィルとの国連コンサート、晩年のベルリン・フィルとのブルックナー第7、ルツェルンのブラームス第2の完結。
夢に見たリリースが現実の物となりました。
正直、人生の残り時間を使って、聞き尽くすには十分すぎる量の音源を手に入れることができました。
たしかに、大量のシュツットガルト放送の記録が、ヘンスラーという間抜けなレーベルによって、台無しになってしまった悔いがあります。
しかし、フランス国立放送のライブやウィーンフィルのライブが丁寧な復刻でアルトゥスからリリースされたのは、望外の喜びです。

さて、これ以上何を?

できることなら、ウィーン・フィルとのブルックナー第7が聞いてみたい。アメリカ旅行中の記録がないでしょうか?カナダのトロントにはあるような気がする。

物持ちのいいオランダの放送でハーグフィルとの演奏記録が聞きたい。ハーグフィルとは、かなり長い間の関係があり、シュツットガルトと同等?それ以上の関係があったかもしれません。

映像の記録、これもあるんじゃないかなぁ。

そうはいっても、まずは今ある音源を味わい尽くすこと、、、そこにありますね
 

Re: 再発売「カール・シューリヒト・ボックス(10CD)」

 投稿者:修理人  投稿日:2018年 9月 9日(日)19時08分53秒
返信・引用
  matsumoさん

こんばんは。
コンサートホール盤の再発売ですね。
最近話題がなくて寂しいです。

> 以下のページのシューリヒトの1960年代、中々です。と言っても、ここはシューリヒトのファンの方々ですので、常識なのかもしれませんが。
>
> http://www.hmv.co.jp/artist_Box-Set-Classical_000000000088040/item_%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%EF%BC%8810CD%EF%BC%89_12421
>
 

再発売「カール・シューリヒト・ボックス(10CD)」

 投稿者:matsumo  投稿日:2018年 9月 2日(日)19時11分56秒
返信・引用
  以下のページのシューリヒトの1960年代、中々です。と言っても、ここはシューリヒトのファンの方々ですので、常識なのかもしれませんが。

http://www.hmv.co.jp/artist_Box-Set-Classical_000000000088040/item_%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%EF%BC%8810CD%EF%BC%89_12421
 

Re: ネットラジオでのスイス・ロマンド管との録音

 投稿者:信一  投稿日:2018年 8月11日(土)08時26分4秒
返信・引用
  > No.4373[元記事へ]

スイスロマンドとの演奏は、どうも荒っぽいとか安っぽい響きのものが多くて、評価していませんでした。
今回、紹介されて録音してCDに焼き、聞き始めてはみたものの、やはりその印象は変わらなかったのですが、何度も聞いていると、その安っぽい響きの向こうに、シューリヒトが何をやりたいか、、、いや、どう感じているかが見えてきて、ついには夢中にさせられている自分を発見します。
演奏している楽員も同じ気持ちなんでしょうね。
まるで、オーケストラの一員になった気分で、演奏を聴く。今日は、とてもシューリヒトに近づけた気がしてうれしいなぁ。
 

タワーのベートーヴェン交響曲全集

 投稿者:furt1958  投稿日:2018年 7月18日(水)07時17分48秒
返信・引用
  このSACD限定盤、少し安くなったので、入手してみました。仏EMI全集と比べると一皮、二皮むけた、すっきり、くっきりの印象です。嬉しいですね。
しかし、HMVはどうしてこうもティンパニーがダメなんでしょうか?粒立ちがはっきりせず、かすかに彼方で聞こえる感じです。フルトヴェングラーが良くリハーサルで言っていたように「弱く叩くなら、叩かないほうがマシだ。」状態です。
まあ、シューリヒト・ファンには must have 今後リファレンスとなるCDが登場したことを素直に、遅ればせながら、喜びたいです。
 

レンタル掲示板
/121