teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(874)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(175)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:10/1431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 1958年パリ・ライブの運命・初出

 投稿者:theta  投稿日:2021年 4月 2日(金)18時08分40秒
  通報 返信・引用
  > No.5296[元記事へ]

HMVに新譜告知が出ました!

https://www.hmv.co.jp/news/article/2104021000?utm_campaign=LHdiv_hmv_extra&utm_medium=email&utm_source=210402_cl_jouhou&site=hmv_extra_in75

(以下、HMVサイトの宣伝文から引用です。)

フランス国立視聴覚研究所音源提供
シューリヒト&ウィーン・フィルの1958年サル・プレイエルのライヴ!
シューベルト、アイネム、ベートーヴェン!

丁寧な復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。当アルバムはフランス国立視聴覚研究所(INA)が保有する音源からの復刻、1958年11月17日、サル・プレイエルにてシューリヒトがウィーン・フィルを指揮したライヴ音源で、シューベルトの第5番、アイネムの交響的情景、そしてベートーヴェンの『運命』を収録しております!
 70代後半ながら若々しい雰囲気の漂うシューリヒトの演奏は、ウィーン・フィルの持つ力を最大限引き出し、密度の濃い演奏を披露。表情を崩さず引き締まったシューリヒトらしい演奏です。なお『運命』は正規初出音源となります。
 ボーナス・トラックとしてアルベール・ヴォルフがフランス国立放送管弦楽団を振ったハイドンの『V字』を収録しております。平林直哉氏による日本語解説はシューリヒトのディスコグラフィにも触れた充実の内容です(解説はシューリヒトについてのみ)。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1(49:08)
● シューベルト:交響曲第5番変ロ長調 D.485
● アイネム:交響的情景 Op.22

Disc2(58:03)
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・シューリヒト(指揮)

 録音時期:1958年11月17日
 録音場所:パリ、サル・プレイエル
 録音方式:モノラル(ライヴ)

● ハイドン:交響曲第88番ト長調 Hob.I:88『V字』

 フランス国立放送管弦楽団
 アルベール・ヴォルフ(指揮)

 録音時期:1965年8月11日
 録音場所:メゾン・ド・ラジオ・パリ、103スタジオ
 録音方式:モノラル

 音源:フランス国立視聴覚研究所提供
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/1431 《前のページ | 次のページ》
/1431