teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(874)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(175)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:14/1431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 1958年パリ・ライブの運命・初出

 投稿者:信一  投稿日:2021年 3月27日(土)17時46分9秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.5283[元記事へ]

シューベルトを聞き終わったところです。素晴らしいです!
 シューリヒトホームページの資料http://carlschuricht.com/1958VPO.htm
によれば、この日のコンサートは、夜9時から始まり、その直前の1時間、シューベルトとモーツァルトの”セレナータノットルナ”のリハーサルが行われています。
 そのせいかどうかわかりませんが、このシューベルトは、音符すべてにシューリヒトの眼光を感じます。端正に刻まれるリズムに、時折あらわれる閃光のようなsf、特別な色合いに染められた楽器の重なり合い、何もしていないようで、信じられないくらい普通と違う表現が込められている!!ウィーンのルーティンなシューベルトとはまるで違うシューリヒトのシューベルトです。
 第2楽章も早めのテンポで慎ましい歌い方ながら、響きはぐっと深く、音楽の格が何段も上がっています!それで、そのまま行くのかと思いきや、後半、まるで零れ落ちるようなレガート!シューリヒト、ウィーンフィルを聴く幸せここにありです!
 第3楽章の重いが充実した響き、集中した真剣さを維持してフィナーレ、あらゆる部分にオーケストラの集中と指揮者への献身が感じられます。
 よく思うのですが、シューリヒトがオーケストラに求めたアンサンブルとは、機械的に合わせるということではなく、真剣に音楽に向きあう、その結果としてのアンサンブルなのじゃないかと、、、
 気楽にシューベルトの5番を楽しみたいという人には向かない演奏ですが、この掲示板に来られる方々をしびれさせること間違いなしのシューベルトです。



 
 
》記事一覧表示

新着順:14/1431 《前のページ | 次のページ》
/1431