teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(895)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


明けましておめでとうございます!

 投稿者:ケロヤン  投稿日:2017年 1月 2日(月)13時12分51秒
返信・引用
  修理人様、そしてシューリヒトファンの皆様

明けましておめでとうございます!

昨年は、あまり大きな話題もなかったようですが、今年は何か話題盤が発売され、新しい情報だ出てくることを楽しみにしたいですね。

先日、久しぶりにエルミタージュから出ていたシューリヒトがイタリア放送O.指揮したモーツァルトの『40番』を聴いてその柔らかな感性から生まれてくる音楽に改めて感銘を覚えました。
聴けばきくほどに味わいが出てくるのがシューリヒトの音楽ですね。
 
 

ゆく年くる年

 投稿者:修理人  投稿日:2016年12月31日(土)23時19分40秒
返信・引用
  みなさま、こんばんは。
新年早々、シューリヒトホームページを引っ越したりして、変化の年と思いましたが、むしろシューリヒトの話題が少なかった一年だったようです。やはりフランス国立管との第九を聴いて、大晦日を過ごします。
みなさま、良い年をお迎えください。

http://carlschuricht.com/Schuricht.htm

 

バックアップサイトの移動

 投稿者:toshiharu  投稿日:2016年11月30日(水)18時08分9秒
返信・引用
  この掲示板のバックアップサイトをhttp://www.geocities.jp/carlschurichtsite/に移動します。

従来通りに使えるはずですので、よろしくお願いいたします。
 

写真を新しくしました!

 投稿者:修理人  投稿日:2016年11月14日(月)23時32分43秒
返信・引用
  皆様

こんばんは。
シューリヒトホームページの写真を新しくしましたのでご覧ください。
Parisenimagesから使用許可をいただきました。

http://carlschuricht.com/Schuricht.htm

 

ハーグ

 投稿者:信一  投稿日:2016年11月 3日(木)02時26分22秒
返信・引用
  ハーグへ行く前にコンサートホールの情報をネットで調べたら、なんとハーグフィルの本拠地のホールは、あのブルックナーの録音の年、1964年(日本語のウィキペディアでは67年)に焼失していました!!
首席指揮者のオッテルローのフィリップスへの録音は、アムステルダムのコンセルトヘボウで行うのが恒例だったようですが、あのブルックナーは、違うでしょう。ということで、収穫はありませんでした。スヘベニンゲンは、市電で行ける距離なので、そそられましたが、なにせ、冬ですから、行ってもねぇ。
美術館に使う時間を増やしてあきらめました。
アムステルダムから電車で1時間ほど、予想よりはるかに立派な品格のある街並みでした。
共演記録は数多いのに、公開されている音源はごくわずか、どこかのメーカーが発掘してくれないもんでしょうか?
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年11月 2日(水)12時50分12秒
返信・引用 編集済
  > No.3939[元記事へ]

信一さん

こんにちは。
渡欧中なのですね!
ハーグからスヘフェニンゲンで保養でしょうか?(^o^)
お楽しみください。

> 修理人さんへ
>
> 昨日、37年ぶりにアムステルダムのコンセルトヘボウでコンサートを聴くことができました。ロッテルダムフィルで曲がライン!!!しかも、見知らぬ人にチケットを無償でいただくという幸運に恵まれて、、、なんか、奇跡のような日でした。
> 昔の記憶通り、素晴らしい響きのホールでした。シューリヒトは戦後コンセルトヘボウを指揮したくて何回も手紙を出したそうですが、なしのつぶてだったと何かで読んだような、、、
> うーん、本当にそうならもったいないなぁ。戦後の共演記録はどうなんでしょうね。
> 明日はハーグへ行ってみます。あのブルックナーを録音した会場を一目見れれば本望なんですが、、、どうなりますか?
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:信一  投稿日:2016年11月 1日(火)03時39分50秒
返信・引用
  > No.3938[元記事へ]

修理人さんへ

昨日、37年ぶりにアムステルダムのコンセルトヘボウでコンサートを聴くことができました。ロッテルダムフィルで曲がライン!!!しかも、見知らぬ人にチケットを無償でいただくという幸運に恵まれて、、、なんか、奇跡のような日でした。
昔の記憶通り、素晴らしい響きのホールでした。シューリヒトは戦後コンセルトヘボウを指揮したくて何回も手紙を出したそうですが、なしのつぶてだったと何かで読んだような、、、
うーん、本当にそうならもったいないなぁ。戦後の共演記録はどうなんでしょうね。
明日はハーグへ行ってみます。あのブルックナーを録音した会場を一目見れれば本望なんですが、、、どうなりますか?
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年10月30日(日)11時13分36秒
返信・引用 編集済
  > No.3919[元記事へ]

信一さん

29CDが届きました。
信一さんがおっしゃったとおり、
「3. ジプシー男爵」序曲は、やはり「宝のワルツ」でした。
しかも「6. 宝のワルツ」も入っている!!
とほほ×2。
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:信一  投稿日:2016年 9月29日(木)23時21分48秒
返信・引用
  > No.3918[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

スクリベンダムの時もジプシー男爵と書いてあって中身は宝のワルツでしたよね。今回は宝のワルツと書いてあるほかにジプシー男爵ですから期待できるといいたいですが、、、
宝のワルツは実質ジプシー男爵のメロディーのメドレーなので、それに加えて同じメロディーを持つ序曲を録音するとは考えにくいですね。
まず、ダメでしょう。


> みなさま
>
> おはようございます。
> なんと、29枚セットだそうです。
> J.シュトラウスの「ジプシー男爵」って、「こうもり」のことでしょうか?
> 「こうもり」なら1929年にベルリン市立との録音があったようですが、ウィーンとのステレオって新発見?
 

シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 9月27日(火)05時35分20秒
返信・引用
  みなさま

おはようございます。
なんと、29枚セットだそうです。
J.シュトラウスの「ジプシー男爵」って、「こうもり」のことでしょうか?
「こうもり」なら1929年にベルリン市立との録音があったようですが、ウィーンとのステレオって新発見?

http://www.hmv.co.jp/artist_Box-Set-Classical_000000000088040/item_%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-29CD_7341456

 

レンタル掲示板
/117