teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(855)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 別テークの予感

 投稿者:信一  投稿日:2016年 2月27日(土)19時07分14秒
返信・引用
  > No.3808[元記事へ]

ケロヤンさん

こんにちは
タワーの復刻シリーズでモーツァルトを買ってみました。
192kHzマスタリングという2枚組ですが、コンサートホール臭さがなくなって、演奏の緊張感が増して聞こえます。特に木管と弦のバランスが普通になっているのには、感心しました。まるっきりCDがない時にこの復刻が来たら思い出がぶち壊しというところですが、今はいろいろあるので、これはこれでいいでしょう。
パブリックでMATSUMOさんがLPおこししたものは、もっと音が豊かでオリジナルの味も残っているので、あちらが本命ですが、デッカのシューリヒトの延長線で聞くシューリヒトのモーツァルトとして、とてもありがたい復刻と感じました。
ベートーベンも同じチームが復刻するでしょうから、買うに値する音ではないでしょうか?

それにしてもパリオペラ座のオーケストラ、全然下手に聞こえないのですが、、、
オーケストラのうまい下手って、なんなんでしょう。40番のフィナーレの表情の移り変わりなんか、希代のオーケストラといってもいいほどだし、、、、
出てくる音が、ただの音ではなくて人の声のように意味を感じさせる、あ.そうか.指揮者のなせる業ですね。

 
 

Re: 別テークの予感

 投稿者:ケロヤン  投稿日:2016年 2月25日(木)21時57分39秒
返信・引用
  > No.3806[元記事へ]

修理人さん、信一さん

お返事ありがとうございます。

お二人とも、今回はパスなんですね。

そうなると、やっぱり自分で買ってみるしかなさそうですね。(笑)

実は、以前このサイトでシューリヒトのステレオOR擬似ステレオの話が出たことがありましたね。LP全集の板起こしのものです。あの時に、知り合いのタワレコの方にEMIで調べて下さいとお願いしていました。その反映が今回のSACD化に繋がったのかなぁとも思っていますが、
そうなると他のステレオ音源はやっぱり発見されなかったのかなとも思います。
私は、標準的なオーディオ装置なので果たしてモノラルのSACD化っていうのはそれほど高音質になるのかなというのも甚だ疑問です。コンサートホール盤もSACD化されていますが、こちらも購入していません。





信一さんへのお返事です。

> 修理人さん、ケロヤンさん
>
> こんにちは、私も買わないけど(笑)録音データなどが見つかったということはその近くに別テークのテープもあるかもしれないですね。
> そうなれば買わざるを得なくなりますね。
 

別テークの予感

 投稿者:信一  投稿日:2016年 2月25日(木)15時23分36秒
返信・引用
  修理人さん、ケロヤンさん

こんにちは、私も買わないけど(笑)録音データなどが見つかったということはその近くに別テークのテープもあるかもしれないですね。
そうなれば買わざるを得なくなりますね。
 

Re: ベートーヴェン全集のSACD化

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 2月24日(水)22時41分14秒
返信・引用 編集済
  > No.3804[元記事へ]

ケロヤンさん

こんばんは。
私は買いそうにありません。ごめんなさい。(笑)

リンク先の紹介文を読むと、やはり第9の第1楽章はモノラルとステレオで別録音なのですね!
記録で確認できて安心しました。
 

ベートーヴェン全集のSACD化

 投稿者:ケロヤン  投稿日:2016年 2月24日(水)20時42分38秒
返信・引用 編集済
  皆さん、お久し振りです。タワレコから久し振りにEMIのベートーヴェン全集がSACDで発売されますね。当初はまったく購入するつもりはなかったのですが、解説書が中々、充実しているようです。これでステレオ音源が新たに見つかったということであれば更に話題になったでしょうね。もし、購入された方がいらっしゃった時には、ぜひ感想など聞かせて下さいね。

これはまったくの望み薄な願いですが、シューリヒトが指揮したバッハ「マタイ受難曲」が聴けたら・・・・・、よく思う今日この頃です。



http://tower.jp/item/4210878/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%9A-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-(%EF%BC%8B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E7%89%88%E3%80%80%E7%AC%AC%E4%B9%9D)%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
 

モントルー音楽祭(1955.9.14)

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 2月13日(土)14時13分20秒
返信・引用 編集済
  みなさま こんにちは。
以下のサイトの下の方に、シューリヒト指揮によるベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(フランス国立放送Orch.)の実況録音へのリンクがあります。
(インデックスサイト http://www.rene-gagnaux.ch/schuricht_carl/index.html
には、他にもいろいろあります。)

http://renegagnaux.ch/721631/788875.html

 

ホームページ移動のお知らせ

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 1月10日(日)16時32分39秒
返信・引用 編集済
  みなさま

新年早々、お騒がせします。
20年近くお世話になってきた無料サーバー(フリーチケットシアター)が、本年3月末をもってサービスを停止することになりました。それに伴い、シューリヒトホームページもやむなく引っ越しすることになりましたのでお知らせします。
新しいURLは、なんとカールシューリヒト・ドットコムですよ。(^o^)

http://carlschuricht.com/Schuricht.htm

 

Re: 1930年のインタビュー

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 9月27日(日)23時06分36秒
返信・引用
  > No.3715[元記事へ]

信一さん

こんばんは。

> > 演奏会のライブではなく、放送局での録音でしょうか。
> 1930年代に一回録音して後日放送というのは限られた場合だけではないでしょうか?
> ほとんど生中継だったと思います。
だとすると、Chauvy氏の記録に入っていない演奏会なのでしょうか?

> 1939年の記事に、客演指揮者シューリヒトに苦難の青年期が、、というのがありました。
> ほぼ、ヨーロッパの音楽家に書かれていた内容と同じなのですが、新しい発見もあります。確実なところを紹介しますね。
> http://www.delpher.nl/nl/kranten/view?coll=ddd&identifier=ddd%3A010989860%3Ampeg21%3Aa0118

グーグルさんに翻訳してもらいましたが、全然わかりませんでした。(笑)
 

Re: 1930年のインタビュー

 投稿者:信一  投稿日:2015年 9月24日(木)06時58分45秒
返信・引用
  > No.3714[元記事へ]

修理人さん
> 演奏会のライブではなく、放送局での録音でしょうか。
1930年代に一回録音して後日放送というのは限られた場合だけではないでしょうか?
ほとんど生中継だったと思います。

> 収録の日付などが分からないと、演奏記録に入れられませんね。(^_^;
別枠に記録して行ったらどうでしょう

いまのところ、若い頃は合唱付きの曲ばかりやっていた印象がありますが、この記録をみるとどうもそうではないようです。
1939年の記事に、客演指揮者シューリヒトに苦難の青年期が、、というのがありました。
ほぼ、ヨーロッパの音楽家に書かれていた内容と同じなのですが、新しい発見もあります。確実なところを紹介しますね。
http://www.delpher.nl/nl/kranten/view?coll=ddd&identifier=ddd%3A010989860%3Ampeg21%3Aa0118
 

Re: 1930年のインタビュー

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 9月23日(水)11時15分0秒
返信・引用 編集済
  > No.3713[元記事へ]

信一さん

どおも。

> 修理人さんのHPでこのサイトを知ったのですが、ラジオプログラムだけでも凄いNEWSが手にはいります。
>
> 1936年の3月のラジオプログラム
> BERLIJN (356) Partita, Ernst Pepping. Muslk voor 7 strijk? Instrumenten. Stephan. ls?e Symphonie c moll. Bruckner <dlr|gént Carl Schuricht).
> ブルックナーの第1交響曲を演奏している!!!
演奏会のライブではなく、放送局での録音でしょうか。
収録の日付などが分からないと、演奏記録に入れられませんね。(^_^;

> 1955年年にコンセルトヘボウとベートーベンチクルス!!!、レオノーレ序曲第2と4番が放送されています。物持ちのよいオランダ放送ですから、必ず音源があるはず!!!
> 戦後のコンセルトヘボウとの共演が確認されていなかったので、本当にこれは驚きです。
これも放送録音でしょうね。日付が、、。

> ドイツ語と似ていることとグーグル翻訳を利用しています。全訳したいところですが、誤訳のおそれがあるので、雰囲気だけで勘弁してください。
いえいえ、それだけでも大助かりです。
 

レンタル掲示板
/112