teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(930)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ルツェルン

 投稿者:修理人  投稿日:2017年 5月21日(日)17時14分2秒
返信・引用
  > No.4039[元記事へ]

信一さん

こんにちは。見落として居ました。さっそく注文しなくては!
 
 

ルツェルン

 投稿者:信一  投稿日:2017年 5月20日(土)18時48分49秒
返信・引用
  auditeのCDが届きました!
まず音質は、60年初頭のライブものとしてはこれ以上望みようがないです。非常に安定したマスタリングです。
モーツアルトでは、オンマイクにとられたカサドシュのピアノが低音から高音までそのニュアンスのほとんどが聞き取れるのに感心しました。オケの音もシューリヒトがやりたいことが伝わる点で、オルフェオのザルツブルグライブより好ましいと思います。
ブラームスも演奏の迫力がストレートに感じられます。
情報量重視のマスタリングというか、こういう音は大歓迎です。

演奏は、こんなに強いブラームスは聞いたことありません。ブラームスの田園というより渓谷交響曲とでもいいたい迫力で貫かれています。シューリヒトは絶好調ですね。さすがのウィーンもシューリヒトの意図にまるでベルリンのような従順さで付き合っています。
ところで、リブレットによると、モーツァルトの協奏曲でオーボエを吹いているのは若き日のハインツホリガーだそうです。第2楽章のオーボエ、注目ですよ。彼はブランデンブルグにも参加してますね。
解説の中で、この日のオーケストラに参加したホリガーの思い出が書かれています。彼は、シューリヒトのプラハの速いテンポにショックを受け、ラインは特別(ユニーク)な体験となった。と述べています。
ぜひこの日のプラハとラインをCD化してほしいですね。

 

Re: 聴衆?

 投稿者:信一  投稿日:2017年 5月 1日(月)16時43分46秒
返信・引用
  > No.4034[元記事へ]

修理人さん

第1楽章と第2楽章のあとのざわめきは全く同じものでした。咳の感じとそのあとの何かの言葉が一緒です。後でとってつけたものと判断します。
それにしてもすごく自然につけられています。
誰が、何のために、ミステリーですが、、、

話は変わりますが、ルツェルンのブラームスが出るなんて、夢のようです。夫人があなたこれ知ってる?と自慢げに見せてくれたRELIEFのCDを思い出します。特別な演奏会だったようですね。解説の中にも当時シューリヒトのこの交響曲の解釈は群を抜いていた。とあります。本当に夢のようです。
AUDETEですから、RIASに残るベルリンでの演奏も期待できます。ベルリン放響との運命田園第2は間違いないところで、、そのほかにもベルリン芸術週間のミサソレムニスや、、、死後50年にふさわしい復刻が出るとうれしいですね。
 

Re: 聴衆?

 投稿者:修理人  投稿日:2017年 4月30日(日)16時04分47秒
返信・引用
  > No.4033[元記事へ]

信一さん

こんにちは。
聴衆のざわめき、言われて気づきました。
本当に不思議ですね~!
(わざわざ演奏会っぽくしたりしませんよね?)


> DECCAの10枚組のブラームスのピアノ協奏曲第2番の楽章間に聴衆のざわめきが入っています。以前発売された5枚組のDECCAのものにも入っていました。
> 国内盤は入っていません。演奏は紛れもなく同じものですが、謎です。
> この録音年にウィーンフィルとは演奏会を開いていないので、ライブのはずもなく、まさか、聴衆を招いて録音するはずもなく、謎です。
> 追記すると、この復刻音も素晴らしい!バックハウスのベーゼンドルファーがムジークフェラインに響き渡る様が初めて聞き取れます。
 

聴衆?

 投稿者:信一  投稿日:2017年 4月30日(日)10時11分46秒
返信・引用
  DECCAの10枚組のブラームスのピアノ協奏曲第2番の楽章間に聴衆のざわめきが入っています。以前発売された5枚組のDECCAのものにも入っていました。
国内盤は入っていません。演奏は紛れもなく同じものですが、謎です。
この録音年にウィーンフィルとは演奏会を開いていないので、ライブのはずもなく、まさか、聴衆を招いて録音するはずもなく、謎です。
追記すると、この復刻音も素晴らしい!バックハウスのベーゼンドルファーがムジークフェラインに響き渡る様が初めて聞き取れます。
 

Re: シューリヒトとドレスデンフィル

 投稿者:信一  投稿日:2017年 4月28日(金)19時56分7秒
返信・引用 編集済
  > No.4031[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

これは大発見ですね!!
それも得意のハイドン交響曲104番ロンドンのフィナーレ。ドレスデンフィルで映像が残っていたとは!?
左腕をだらんとしてフルトヴェングラーを思わせるところが興味深いですね。

ところで、フルトヴェングラーの指揮でロンドン交響曲が発売されたことがあり、その後非フルトヴェングラー盤として消えていったものがありますが、もしかしたらシューリヒトのものではなかったかと想像してます。フルトヴェングラーのクレジットは1944年ベルリンだったと思います。
どなたかこの音源もっていらしたら、アップしていただけないでしょうか?

それと、DECCAの10枚組購入しました。シューリヒトファンなら絶対持っておくべき出来栄えです。特にテープ録音のものは、復刻のテクニックにこれまでのものとは大人と子供くらいの違いがあります。これまでのもので聞きやすくなったといえば、高域カットが関の山ですが、今回の復刻では、ひずみが格段に減って、オケの質感が正しく聞こえていることで、聞きやすくなっています。これは言うは易し行うは難しです。素晴らしい仕事だと思います。
オリジナルジャケットに収められたCDも素敵ですし、解説も未発表の写真を使っています。

 

シューリヒトとドレスデンフィル

 投稿者:修理人  投稿日:2017年 4月27日(木)22時20分34秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんは。
Facebookの友人に教えていただきました。
1944年にドレスデンフィルを指揮している屋外コンサートの映像です。

そのほか、プフィッツナーの指揮も観られますね。

https://www.facebook.com/meloclassic/

 

Re: デッカ集大成

 投稿者:ケロヤン  投稿日:2017年 4月 9日(日)19時58分9秒
返信・引用
  > No.4022[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

修理人様

リストの修正ありがとうございます。

私も先週末に購入しました。

オリジナルジャケットに入っているのは、うれしいですね。
見ているだけで楽しくなります。

やっぱり忙しくてまだ聴いてはいませんが、
これは買ってよかったという気がしています。

今度の休みにゆっくり聴きます。

ケロヤン



> ケロヤンさん
>
> 木曜日に届きました。
> とりあえずウェブのCDリストにデータを加えました。
> 聴くのはそれから。(笑)
>
> > 皆様 こんにちは! シューリヒトのデッカ音源をまとめたBOXが3月に発売されますね。
> > オリジナルジャッケットに封入というのも大変楽しみです。
> >
> > 没後50年とのことですので、新発見の音源も出てくるのでしょうか?楽しみです!
>
 

LP

 投稿者:修理人  投稿日:2017年 4月 9日(日)13時02分5秒
返信・引用
  みなさん、こんにちは。

The Electronic Recording CompanyというLPのネット通販サイトをご存知ですか?市販品ではなく、自社でプレス・製作しているようですね。
シューリヒト・VPOのブルックナー交響曲第9番が300ポンドだそうです。^_^;

https://electricrecordingco.com/releases/symphony-no-9-3

 

Re: デッカ集大成

 投稿者:修理人  投稿日:2017年 4月 8日(土)19時06分15秒
返信・引用
  > No.3989[元記事へ]

ケロヤンさん

木曜日に届きました。
とりあえずウェブのCDリストにデータを加えました。
聴くのはそれから。(笑)

> 皆様 こんにちは! シューリヒトのデッカ音源をまとめたBOXが3月に発売されますね。
> オリジナルジャッケットに封入というのも大変楽しみです。
>
> 没後50年とのことですので、新発見の音源も出てくるのでしょうか?楽しみです!
 

レンタル掲示板
/118