teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(855)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年11月 2日(水)12時50分12秒
返信・引用 編集済
  > No.3939[元記事へ]

信一さん

こんにちは。
渡欧中なのですね!
ハーグからスヘフェニンゲンで保養でしょうか?(^o^)
お楽しみください。

> 修理人さんへ
>
> 昨日、37年ぶりにアムステルダムのコンセルトヘボウでコンサートを聴くことができました。ロッテルダムフィルで曲がライン!!!しかも、見知らぬ人にチケットを無償でいただくという幸運に恵まれて、、、なんか、奇跡のような日でした。
> 昔の記憶通り、素晴らしい響きのホールでした。シューリヒトは戦後コンセルトヘボウを指揮したくて何回も手紙を出したそうですが、なしのつぶてだったと何かで読んだような、、、
> うーん、本当にそうならもったいないなぁ。戦後の共演記録はどうなんでしょうね。
> 明日はハーグへ行ってみます。あのブルックナーを録音した会場を一目見れれば本望なんですが、、、どうなりますか?
 
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:信一  投稿日:2016年11月 1日(火)03時39分50秒
返信・引用
  > No.3938[元記事へ]

修理人さんへ

昨日、37年ぶりにアムステルダムのコンセルトヘボウでコンサートを聴くことができました。ロッテルダムフィルで曲がライン!!!しかも、見知らぬ人にチケットを無償でいただくという幸運に恵まれて、、、なんか、奇跡のような日でした。
昔の記憶通り、素晴らしい響きのホールでした。シューリヒトは戦後コンセルトヘボウを指揮したくて何回も手紙を出したそうですが、なしのつぶてだったと何かで読んだような、、、
うーん、本当にそうならもったいないなぁ。戦後の共演記録はどうなんでしょうね。
明日はハーグへ行ってみます。あのブルックナーを録音した会場を一目見れれば本望なんですが、、、どうなりますか?
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年10月30日(日)11時13分36秒
返信・引用 編集済
  > No.3919[元記事へ]

信一さん

29CDが届きました。
信一さんがおっしゃったとおり、
「3. ジプシー男爵」序曲は、やはり「宝のワルツ」でした。
しかも「6. 宝のワルツ」も入っている!!
とほほ×2。
 

Re: シューリヒト・エディション

 投稿者:信一  投稿日:2016年 9月29日(木)23時21分48秒
返信・引用
  > No.3918[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

スクリベンダムの時もジプシー男爵と書いてあって中身は宝のワルツでしたよね。今回は宝のワルツと書いてあるほかにジプシー男爵ですから期待できるといいたいですが、、、
宝のワルツは実質ジプシー男爵のメロディーのメドレーなので、それに加えて同じメロディーを持つ序曲を録音するとは考えにくいですね。
まず、ダメでしょう。


> みなさま
>
> おはようございます。
> なんと、29枚セットだそうです。
> J.シュトラウスの「ジプシー男爵」って、「こうもり」のことでしょうか?
> 「こうもり」なら1929年にベルリン市立との録音があったようですが、ウィーンとのステレオって新発見?
 

シューリヒト・エディション

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 9月27日(火)05時35分20秒
返信・引用
  みなさま

おはようございます。
なんと、29枚セットだそうです。
J.シュトラウスの「ジプシー男爵」って、「こうもり」のことでしょうか?
「こうもり」なら1929年にベルリン市立との録音があったようですが、ウィーンとのステレオって新発見?

http://www.hmv.co.jp/artist_Box-Set-Classical_000000000088040/item_%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-29CD_7341456

 

Re:MemoriesのCD

 投稿者:matsumo  投稿日:2016年 9月24日(土)08時08分35秒
返信・引用
  MemoriesのCDは安いのが魅力ですね。ただし、私の経験だと、かなりの手を入れている感じです。

と言うのは、以前に、「ベートーベン:交響曲全集」(トスカニーニ指揮NBC交響楽団、1939年実況録音)を入手しましたが、そのWAVE波形は大昔に入手したイタリア製CDのものとは全く異なり、ロック音楽等の録音と同様にダイナミックレンジを圧縮、すなわち、ピアノとフォルテしかないような感じのものだったからです。おそらく、こうやることにより、迫力が増すのでは思います。

http://matsumo.seesaa.net

 

Re: MemoriesのCD

 投稿者:信一  投稿日:2016年 9月18日(日)19時38分40秒
返信・引用
  > No.3876[元記事へ]

修理人さん

変スラーの正規版とダブっているものは、音源が変スラー以前の海賊版からなら買いなおす意味があるかもしれませんね。余計な調整が入っていない分、シューリヒトの芸術に近づけられますから、、、、

それにしても、この十数年で正規盤という言葉への印象がまるで変ってしまった!!
多分、コンピュータ処理で簡単に響きを変えられるようになったことが原因でしょうね。
知らぬ間に別のものにすげ替えられているという不信感を一回でも持つと、もう2度と聞く気がしない。

マーラーの第3交響曲の終楽章の冒頭を、アルヒフォンとヘンスラーで聞き比べてみるとよくわかります。
アルヒフォンでは演奏者の心の動きや感動が響きに乗っているのがわかりますが、ヘンスラーではただのオーケストラの音になっている。ふつう聞かれるオーケストラのソノリティーに唯一無二の響きが無理やりお化粧されて、、、、これでいいんでしょうか!?

ヘンスラーに限らず、オルフェオのクナの指輪を聞きましたが、この腑抜けの音はいったい!?

思わず愚痴が出ますね。


 

MemoriesのCD

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 9月18日(日)16時10分40秒
返信・引用 編集済
  みなさま こんにちは。
3連休と関係あるのかないのかに、広告がありました。

http://www.hmv.co.jp/fl/12/839/3/

 

SWRバーデンバーデン

 投稿者:修理人  投稿日:2016年 8月18日(木)21時24分30秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。
コンサートホール盤でシューリヒトが共演しましたね。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1608180020/

 

Re: CH仏盤 ハーグの第7

 投稿者:ALBA  投稿日:2016年 8月18日(木)14時53分0秒
返信・引用
  > No.3860[元記事へ]

信一さんへのお返事です。
私も聞いて見ました。確かに、この水準以上の再生音を聞くと、このブル7の良さが誰にでも分かるような気がします。かつて、金田式アンプでアナログを聞いていたころ、日本CH、コロムビアの廉価版、ナンサッチの廉価版、三者三様ながら、良い音を聞かせてくれました。当時、宇野さんに「ぜひ金田式アンプで聞いて欲しい」とお手紙差し上げたところ、「小生は現在のシステムで十分良さが分かるので不要」とのお返事をいただいたのが懐かしく思い出されます。
さて、現在はCHの復刻、DENONのリマスタリング版などのCDを入手することができますが、概してリマスタリング版はノイズ除去とともに重要な情報(音の表情みたいなもの)が失われる傾向があり、旧DENONの単なるCD化版などの方がよほど良い音がします。中古屋さんを探して見ると良いと思います。
再生系としては、金田式、あるいは、M2TECHのYOUNG 辺りのDACを使えば、例のサイトからリンクしているユーチューブのさらに5~6倍の情報量で神業が楽しめると思います。望ましくは、これらのDACに金田式パワーアンプを直結して、安いフルレンジスピーカにつなぐのが良いと思います。この方式ならそんなにお金を掛けなくても(¥100000~200000)十分にシューリヒトの神業が楽しめますので、お勧めです。
一般にCH録音は評判が悪いようですが、ブル7の他、ブラ3,4、ブランデンブルグ協奏曲、管弦楽組曲、ワーグナー序曲集、ウインナワルツ、モーツアルトの交響曲、など(ついでにモントゥーの幻想交響曲)は、神業が楽しめる素晴らしい録音だと思います。

> コンサートホール盤のクリップスの新世界の謎を知り、CHの闇の深さを思い知ったところでしたが、そのサーフィンの途中、いろいろな音源をYUOTUBE形式で紹介されているブログに行き当たりました。そのブルックナーの項の中にわれらがシューリヒトのハーグフィルの7番もアップされているのですが、、、、
> http://blogs.yahoo.co.jp/quontz/folder/1603373.html
> 仏盤LPをおそらく素晴らしいシステムで再生したんでしょう。ものすごい密度の音で聞くことができます。
> 特筆すべきは、CH盤特有の楽器の位置がふらふら動くところがなく、中低域の情報量がすごいことです。
> 再生装置の素晴らしさもさることながら、盤に詰まった情報が違うようです。
> ものすごくエスプレシーボな演奏に聞こえます。
> もし、この音で宇野さんがこの演奏を聴いていたら、、、、
> 皆さんの意見を聞いてみたいですね。
>
 

レンタル掲示板
/112