teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(859)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: カルロ・アルベルト・ピッツィーニ

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 9月 5日(土)23時55分38秒
返信・引用 編集済
  > No.3705[元記事へ]

信一さん

こんばんは。

> これは、また面白い写真ですね。
> ルツェルン音楽祭で伝説のミサソレムニスを演奏する前後、マルタ夫人と出会うころですね。
そうそう! そう思って見ると、じつはシューリヒト氏にとって、人生の節目頃なんですよね。

> 自分の年齢をシューリヒトに照らすことをよくするのですが、彼の最も若いころの録音48歳になかなかならないなぁと思っていたら、あっという間にベルリンフィルとのブルックナーの録音57歳になり、、、
> でも、まだマルタ夫人と結婚する年齢64歳にはならない。まだまだ若いんだなぁ、、そんな風に自分を励ましたりしてます。
>
いやあ、私はシューリヒト氏に、とてもかないそうにありません。(^_^;
 
 

Re: カルロ・アルベルト・ピッツィーニ

 投稿者:信一  投稿日:2015年 9月 5日(土)23時51分46秒
返信・引用
  > No.3703[元記事へ]

これは、また面白い写真ですね。
ルツェルン音楽祭で伝説のミサソレムニスを演奏する前後、マルタ夫人と出会うころですね。

自分の年齢をシューリヒトに照らすことをよくするのですが、彼の最も若いころの録音48歳になかなかならないなぁと思っていたら、あっという間にベルリンフィルとのブルックナーの録音57歳になり、、、
でも、まだマルタ夫人と結婚する年齢64歳にはならない。まだまだ若いんだなぁ、、そんな風に自分を励ましたりしてます。
 

カルロ・アルベルト・ピッツィーニ

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 8月29日(土)18時38分5秒
返信・引用 編集済
  みなさま こんばんは。

イタリアの作曲家・指揮者のピッツィーニをご存知ですか?
シューリヒトと一緒の写真を見つけました。
1943年Veveyでの写真とのことですが、ずいぶん楽しげな雰囲気ですね。
調べたところ、シューリヒトは1941年10月のベルリンフィルとの演奏会で、ピッツィーニのAl Piemonteを指揮していました。

氏のサイトでは、他にも東京での指揮姿などが見られます。

【追記】上記サイトの写真は自動送りになっています。ひとつ前の写真(image7.html)は、image8.htmlのうち1枚の拡大です。

http://www.carloalbertopizzini.it/Documenti%20foto19/imagepages/image8.html

 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 8月23日(日)15時29分47秒
返信・引用 編集済
  > No.3698[元記事へ]

信一さん

こんにちは。
意外と多くの方(およそ20人)がダウンロードなさったようです。

> 久しぶりに聞くことができてうれしいです。お二方のおかげで懐かしい思い出に浸れました。これは、ドイツに駐在して、初めて買ったシューリヒトのレコードでした。すべてを日本に置いてきて、寂しい思いをしていた時に、出張先のミュンヘンの市庁舎の前のレコード屋で見つけ、本当に驚喜したものでした。置いてあった棚の位置まで思い出す。ついにシューリヒトにも新音源探索の波が来たのかって、、、
> あれから、もう30年もたったんですね。
信一さん思い出のLPだったのですね。

> さて、演奏ですが、残念ながら1962年とされているものと同一でした。
やはりそうでしたか。

> 聞き比べたのはVIRTUOSO94008の4枚目で、第一楽章序奏部が終わって怒涛の主部(なんというテンポ!!そして、そのテンポでの細部まで克明に弾きこんだ弦。これぞシューリヒトって演奏)
まさに!

> 再生環境が違うので、はっきり音の違いを言えませんが、音のソノリティが修理人さんの復刻のほうが上です。Cdのほうは若干情報量が上かな、ただしちょっと荒れ気味です。2つ持っているのは贅沢ですね。
matsumoさんに送ると、もっと良くなるでしょうね。(^o^)

> たぶん1962のクレジットが正しいのでしょう。1954としたのはそうしないと著作権に触れるからじゃないでしょうか?
いや、30年前でしたら、どっちにしろ著作権が切れていませんよね。不思議です。

> ともあれ、結構長い間私の中で謎だった部分が解決しました。ありがとうございました。
私も、久しぶりにプレーヤーで音楽を聴くことができました。
 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:信一  投稿日:2015年 8月23日(日)14時26分6秒
返信・引用
  > No.3696[元記事へ]

修理人さん
スズマサさん

久しぶりに聞くことができてうれしいです。お二方のおかげで懐かしい思い出に浸れました。これは、ドイツに駐在して、初めて買ったシューリヒトのレコードでした。すべてを日本に置いてきて、寂しい思いをしていた時に、出張先のミュンヘンの市庁舎の前のレコード屋で見つけ、本当に驚喜したものでした。置いてあった棚の位置まで思い出す。ついにシューリヒトにも新音源探索の波が来たのかって、、、
あれから、もう30年もたったんですね。
さて、演奏ですが、残念ながら1962年とされているものと同一でした。聞き比べたのはVIRTUOSO94008の4枚目で、第一楽章序奏部が終わって怒涛の主部(なんというテンポ!!そして、そのテンポでの細部まで克明に弾きこんだ弦。これぞシューリヒトって演奏)に入る前に楽譜をめくる音が入っています。これが1954?にもあります。

再生環境が違うので、はっきり音の違いを言えませんが、音のソノリティが修理人さんの復刻のほうが上です。Cdのほうは若干情報量が上かな、ただしちょっと荒れ気味です。2つ持っているのは贅沢ですね。

たぶん1962のクレジットが正しいのでしょう。1954としたのはそうしないと著作権に触れるからじゃないでしょうか?

ともあれ、結構長い間私の中で謎だった部分が解決しました。ありがとうございました。
 
 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 8月22日(土)14時38分47秒
返信・引用
  > No.3691[元記事へ]

スズマサさま

こんにちは。
本日、LPを受け取りました。
ありがとうございました。

聴きたい方がいらっしゃるかもしれないと思い、
さっそく再生させていただき、パソコンに取り込んで、
音源プロジェクトの方にアップロードのお知らせを書き込みました。

信一さま

 おっしゃるとおり、
 Stuttgart 1954
と書かれています。

http://8621.teacup.com/toshiharu/bbs/t2/l50

 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 8月19日(水)23時43分56秒
返信・引用 編集済
  > No.3693[元記事へ]

信一さん

こんばんは。

> このハフナー・セレナーデ、私も持っているのですが、(もっとも倉庫のどこかですが、、、)
> シューリヒトの放送録音の販売としては、最初のものではないでしょうか?(1985年頃の発売?)ハスキルとのほうが早いかもしれませんが、あれは伴奏なので、、
> CD時代になってSDRとのハフナーセレナーデは、60年代の録音として発売されました。しかし、このチェトラのLPには確か1954年録音と書かれていたはず、もしかすると別演奏なのかもしれません。
> 修理人さん、手に入れられたら、調査お願いします。
たしかにDr. Ungerの資料では、1962.12.19となっていますね。
VIRTUOSO, RE!DISCOVER, RARE MOTHのCDも、すべて1962年。
興味深いです。

http://page.freett.com/Schuricht/SchurichtCD.htm

 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:信一  投稿日:2015年 8月19日(水)19時55分50秒
返信・引用
  > No.3692[元記事へ]

横から失礼します

このハフナー・セレナーデ、私も持っているのですが、(もっとも倉庫のどこかですが、、、)
シューリヒトの放送録音の販売としては、最初のものではないでしょうか?(1985年頃の発売?)ハスキルとのほうが早いかもしれませんが、あれは伴奏なので、、
CD時代になってSDRとのハフナーセレナーデは、60年代の録音として発売されました。しかし、このチェトラのLPには確か1954年録音と書かれていたはず、もしかすると別演奏なのかもしれません。
修理人さん、手に入れられたら、調査お願いします。
 

Re: 追・ハフナーセレナード

 投稿者:修理人  投稿日:2015年 8月17日(月)23時53分51秒
返信・引用
  > No.3691[元記事へ]

スズマサさん

こんばんは。

> 修理人様、パソコンメールを記しますので送付先住所をご連絡くださればお送りさせて頂きます。
珍しい盤1枚だけ頂いて、よろしいですか? お言葉に甘えさせていただきます。

> それにしても、この掲示板を読むと熱烈なシューリヒトファンが多くいるようで驚きました。
> 確かにシューリヒトという指揮者はちょっと特別な魅力がありますね。
はい。そのおかげでウェブページを作ることになりました。
もうすぐ20周年です。

http://page.freett.com/Schuricht/Schuricht.htm

 

追・ハフナーセレナード

 投稿者:スズマサ  投稿日:2015年 8月17日(月)15時54分3秒
返信・引用
  修理人様、パソコンメールを記しますので送付先住所をご連絡くださればお送りさせて頂きます。それにしても、この掲示板を読むと熱烈なシューリヒトファンが多くいるようで驚きました。確かにシューリヒトという指揮者はちょっと特別な魅力がありますね。
qqdv5ea9k@coffee.ocn.ne.jp
 

レンタル掲示板
/116