teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(903)
  2. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  3. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:21/1167 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: クライバーの第9

 投稿者:toshiharu  投稿日:2017年 6月21日(水)21時17分3秒
  通報 返信・引用
  > No.4053[元記事へ]

信一さんへのお返事です。

toshiharuです。
クライバーの演奏なので、jung君氏のファイルをダウンロードして聞いてみました。
モノラル録音なのに、確かにステレオのように聞こえました。

手持ちの古いCDと比べてみたのですが、きりりと引き締まったCDに比べて別の演
奏のように聞こえました。

これは父クライバーとはちょっと違うなぁ、と感じました。処理の仕方で、随分違う
ものですね。


> ユング君のHPで父親のクライバーの第9がアップされています。クライバーのあまり熱心な聞き手ではないのですが、ちょっと、聞いてみました。すると、この1952年の録音がまるで真正のステレオのように聞こえます。変な定位ですが、ええ?というくらい木管などリアリティがあります。
> ところがです、演奏の方は何とも情けない演奏に聞こえます。別の演奏?かと思い、手持ちの音源と比較してみましたが、確かにクライバーの第9でした。処理の仕方でここまでみじめになるのか?多分音源は海賊系のレーベルのものだと思うのですが、ヘンスラーのシューリヒトのケースを思い出し、暗い気持ちになりました。
> 今回の10枚組のDECCAは、トラックの不備などがありましたが、音質は本当に素晴らしいものでした。できればこういう復刻が今後も続いてほしいものです。
> とにかく私のような素人でもいろいろ簡単に音像をいじくれる時代になり、収拾がつかない世の中になってしまいました。耳当たりだけの良さを追うような復刻を聞かされると、まったく、腹が立つのを通り越して悲しくなります。
>
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/1167 《前のページ | 次のページ》
/1167