teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 3(82)
  2. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック 2(939)
  3. シューリヒト音源再生プロジェクト(160)
  4. パブリック・ドメイン&ヒストリカル・クラシック(985)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: シューリヒト指揮の「大地の歌」

 投稿者:matsumo  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時28分34秒
返信・引用
  信一さん、こんにちは

なるほど、MEMORIESのCDは強力な雑音処理をしたものだったのですね。

ううん、すると、第1~第5楽章までは舞台に2人いて、交互に立って歌って、第5楽章が終わると、テノールは去ると言う考えですね。大地の歌はコンサートでは2、3回聴いたことがありますが、その時は交互に舞台に上がると言う形でした。

メンゲルベルクの録音で、現在、市販されているのは、交響曲第4番、第5番第4楽章、さすらう若人の歌 だけですので、これに大地の歌が加わったら、万々歳なのですが。
 
 

Re: シューリヒト指揮の「大地の歌」

 投稿者:信一  投稿日:2018年 3月31日(土)18時41分4秒
返信・引用
  > No.4233[元記事へ]

matsumoさん

>タワーレコードによると、メンゲルベルクの実況録音は直径40cm・78rpmのアルミアセテート盤ではなく、映画フィルム用の録音装置を使ったものだそうですが、これによる最高音質の録音ではないかと思います。

 初出のアルヒフォン(@1993)の音を聞くと、サーフェースノイズと針が引っかかる音がかなり入っています。これはアルミアセテート盤だと思います。


> 所で、聴いて疑問に思ったのは、第5楽章と第6楽章の間に少ないが拍手が入ることです。

 テノールが退出したんじゃないでしょうか?それで拍手が起こった。そう思います。

> それから、信一さんが取り上げていた女性の声、驚く程、明瞭に聞こえますね。この人、その後、どうしたのでしょうね。
>

 声を出して、そのまま席に座り続けたか、退出したか?どちらにしてもかなり勇気が必要ですね。

> それにしても、これ、メンゲルベルクの代わりだったそうですが、ううん、メンゲルベルクのマーラーの録音は非常に少ないので、メンゲルベルク大好きな私としては、メンゲルベルク指揮で録音して欲しかったです。

 残ってるような気がしますが、、、なにか理由があるような気がします。たしかさすらう若人の歌はあったような、、、裏覚えですが
 

シューリヒト指揮の「大地の歌」

 投稿者:matsumo  投稿日:2018年 3月28日(水)21時32分38秒
返信・引用 編集済
  信一さんの書き込みで興味を持ったので、シューリヒト指揮の「大地の歌」のCDを入手しました。「MEMORIES」の4枚組です。

とりあえず、大地の歌のみ聴いたのですが、驚くほど、録音が良いですね。メンゲルベルクの実況録音と同じ機器を使用しているのではと思いますが、それでも驚異的に良いです。ただし、第6楽章はそれまでの楽章より録音機器による?雑音が気になりますが。タワーレコードによると、メンゲルベルクの実況録音は直径40cm・78rpmのアルミアセテート盤ではなく、映画フィルム用の録音装置を使ったものだそうですが、これによる最高音質の録音ではないかと思います。

所で、聴いて疑問に思ったのは、第5楽章と第6楽章の間に少ないが拍手が入ることです。ううん、他の楽章でも拍手があったのにCD化の際に削られたのか、あるいは、第6楽章は長いので、第5楽章と第6楽章の間に休憩があって、その休憩後だから拍手があったのか、ともかく不思議に思いました。

後、第6楽章が終わった後の拍手がないのも??でした。ううん、これ、色々な会社からCDが出ていると思いますが、他の会社のものは拍手等、どうなっているのでしょうか。

それから、信一さんが取り上げていた女性の声、驚く程、明瞭に聞こえますね。この人、その後、どうしたのでしょうね。

それにしても、これ、メンゲルベルクの代わりだったそうですが、ううん、メンゲルベルクのマーラーの録音は非常に少ないので、メンゲルベルク大好きな私としては、メンゲルベルク指揮で録音して欲しかったです。
 

Re: 1958年

 投稿者:信一  投稿日:2018年 3月27日(火)14時18分7秒
返信・引用
  > No.4224[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

私は初版の「ウイーン・フィルえぴそーど」を持っているのですが、今発売されている?のは確かムック版で内容が増えています。
そのムック版にしかない話で、この演奏旅行中に クナが、あのひとのところでは何も言われないだろうよ みたいなことをいうところがあったのですが、、、、、

> 信一さん
>
> こんばんは。
> どこかで私も読みましたが、覚えていません。(苦笑)
> クナの暴言に堪えかねて客車を移ったとかなんとか。
> 「ウイーン・フィルえぴそーど」にはありませんでした。
>
> > 1958年にウィーン・フィルとフランスを中心に演奏旅行していますが、
> > その時、クナと交代に担当しています。ウィーン・フィルエピソードの中で、
> > クナがこの演奏旅行中、ある同僚の指揮者のことをいうところがあるのですが、
> > 何を言ったのか? ちょっと調べていただけませんか?
> > 今思えば、それはシューリヒトのことですね
 

Re: 1958年

 投稿者:修理人  投稿日:2018年 3月26日(月)21時43分9秒
返信・引用 編集済
  > No.4222[元記事へ]

信一さん

こんばんは。
どこかで私も読みましたが、覚えていません。(苦笑)
クナの暴言に堪えかねて客車を移ったとかなんとか。
「ウイーン・フィルえぴそーど」にはありませんでした。

> 1958年にウィーン・フィルとフランスを中心に演奏旅行していますが、
> その時、クナと交代に担当しています。ウィーン・フィルエピソードの中で、
> クナがこの演奏旅行中、ある同僚の指揮者のことをいうところがあるのですが、
> 何を言ったのか? ちょっと調べていただけませんか?
> 今思えば、それはシューリヒトのことですね

http://carlschuricht.com/1958VPO.htm

 

1958年

 投稿者:信一  投稿日:2018年 3月25日(日)18時57分43秒
返信・引用
  修理人さん
1958年にウィーン・フィルとフランスを中心に演奏旅行していますが、その時、クナと交代に担当しています。ウィーン・フィルエピソードの中で、クナがこの演奏旅行中、ある同僚の指揮者のことをいうところがあるのですが、何を言ったのか? ちょっと調べていただけませんか?
今思えば、それはシューリヒトのことですね
 

Re: 大地の歌の女声の謎

 投稿者:信一  投稿日:2018年 3月24日(土)16時05分53秒
返信・引用
  > No.4219[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

歌詞の”永遠”につづけたというのは、間違いないと感じます。インテリのゲッベルス好みのやり方ですね。こういう揚げ足取りをよくやりますから、、
それに、そうじゃないとあそこで言う意味が分からない。本当にこの方はいいところに気づかれました。
ただ、やじった女性はドイツかぶれのオランダ人だと思います。



> 信一さん
>
> こんにちは。
> いろいろな可能性を考えた人を見つけました。^_^;
>
 

Re: 大地の歌の女声の謎

 投稿者:修理人  投稿日:2018年 3月23日(金)15時50分30秒
返信・引用
  > No.4209[元記事へ]

信一さん

こんにちは。
いろいろな可能性を考えた人を見つけました。^_^;

http://micholungma.blog.jp/archives/25422790.html

 

新譜リリース

 投稿者:修理人  投稿日:2018年 3月10日(土)08時42分19秒
返信・引用
  皆様、こんにちは。
1958年5月7日NDRとのコンサート前半のブラームス:ピアノ協奏曲第2番がリリースされました。
後半のブラ4は、たくさん出ていましたが。

https://forgottenrecords.com/en/brahms-concerto-pour-piano-n-2-robert-casadesus-carl-schuricht-fr1422

 

Re: 大地の歌の女声の謎

 投稿者:信一  投稿日:2018年 2月23日(金)20時44分31秒
返信・引用
  > No.4208[元記事へ]

修理人さんへのお返事です。

ああ、この女性はオランダ人でオランダ語で言ったんですねぇ
グーグル翻訳でオランド語にすると、ユーヴァ アレスはオーヴァ アレスになるようで、そうすると、私の腑に落ちないのも解消される!!
https://translate.google.co.jp/?hl=ja#de/nl/deutschland%20%C3%BCber%20alles
オランダ語訛りのドイツ語って要するにオランダ語ですよね((笑)



信一さん
>
> こんにちは。
> 新説ですね!
> 私にはDeutchelandが聞こえる気がします。
> 新聞記事では、オランダ語訛りのドイツ語と言われていますが、
> どう違うのでしょうね?
>
> それにしても、その後が大変だったのですね。
>
 

レンタル掲示板
/119