teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


練習ありがとうございました。

 投稿者:丸毛  投稿日:2016年 2月14日(日)22時27分0秒
  2/13にゲスト参加させて頂きまして、まことにありがとうございました。久し振りに野球の練習をした感じです。お尻に筋肉痛が来ております。皆さんもケガには十分ご注意ください。FFの今年の活躍をお祈り申し上げます。  
 

お世話になりました

 投稿者:佐藤 #9  投稿日:2015年11月23日(月)22時40分9秒
  2003年に36歳でFFに入団させていただき13年間大変お世話になりました!

入団当初からメンバーは大幅に入れ替わりましたが本当に楽しく充実した土曜日をすごさせていただきました。結婚前に奥さんに35歳までは土日のうち、一日は野球で家を空けると宣言していましたので入団前にはFFで最後に1~2年活動し野球生活を終えることができればと考えていました。
しかしながら当時の清水監督率いるFFメンバーとの野球は想定以上に楽しく、ついつい毎年延長を重ね、ついに48歳まで野球を続けることができたのは本当に皆様のおかげです。

流石に歳には勝てず怪我が治らず、私のモットーとしているフルスイングができなくなった今、バットを置くことにいたしました。これまで仲間に加えていただき、本当にありがとうございました!!皆様方におかれましては来年以降も野球をエンジョイしてください!
 

祝・SPLタイトルホルダー受賞

 投稿者:キャスター#5  投稿日:2013年 9月 1日(日)15時12分50秒
  このたび、第5回サタデーポートリーグのタイトルホルダーが発表されました。
フォルテシモからは佐藤さん、真茅さんが受賞です。
おめでとうございます!

≪5th SPLリーグ戦個人成績≫

 首位打者:高島 栄治(E FIELD ALLSTARS #5).545

 本塁打王:菅 翔太(BIGSTONES #42)2本

 打点王:佐藤 博文(フォルテシモ #9)13打点

 盗塁王:真茅 良平(フォルテシモ #45)9盗塁

 最多勝利投手:櫻井遊野(BIGSTONES #21)5勝
 

新入団選手の発表

 投稿者:幹事  投稿日:2012年10月14日(日)12時28分57秒
  <ff球団ニュース>
新規入団選手を発表します。
 入団選手:杉野 博幸(54歳)
 背番号:31
 登録名:SUGINO

いぶし銀の活躍を期待しています!
 

新入団選手の発表

 投稿者:幹事  投稿日:2012年 9月29日(土)07時28分24秒
  <ff球団ニュース>
新規入団選手を発表します。
 入団選手:高橋 武士選手(31歳)
 背番号:(調整中)
 登録名:TAKAHASHI

若い力でオールラウンドプレーを期待しています!
 

新入団選手の発表

 投稿者:幹事  投稿日:2012年 9月22日(土)08時48分54秒
  <ff球団ニュース>
新規入団選手を発表します。
 入団選手:李 畯和選手
 背番号:25
 登録名:LEE

今後の活躍を期待しています!
 

FF結成以来初の快挙

 投稿者:S通信  投稿日:2010年 8月 2日(月)09時31分11秒
   春のKBLの優勝の感激もようやく一段落したこのごろです。
 一週間の活動休止の後、7月31日晴海でナイターによる練習試合が行われました。相手がやや格下という感がありましたが、この試合で細川伸吾選手が、5打数5安打、ホームラン3本というすばらしいバッティングを披露しました。FF結成以来のすばらしい成績です。3本のホームランはいずれも左中間からセンターオーバーという当りで、フルスイングというより8分程度の振りであるが打球に伸びがあるという、理想的なバッティングでありました。
 KBLの決勝戦も3安打しており、最近の活躍は神がかりという感があります。
現在の打率5割7分というこれもすばらしい成績であります。
 この調子を永く続けていただければと思います。
 試合は21対0と一方的な試合でしたが、すばらしい成績を上げた細川伸吾選手の活躍を
報告します。
 

KBL22年春の大会 優勝

 投稿者:S通信  投稿日:2010年 7月20日(火)13時15分13秒
   久しぶりに記者発表をします。
 KBL春の大会は、8チームにより行われてきました。決勝は予選1位ウッディポラスと同2位FFの対戦。暑さの中、好勝負が期待されましたが、思ったより点差が開いた試合となりました。
 平成18年の春、秋の連覇以来の優勝を狙うFFだが、佐藤選手、斉藤選手、和田選手と今まで主力として戦ってきた選手が欠場となり、試合前は苦戦が予想されました。
 専攻はウッディ、初回先発の清水投手が制球が定まらず先頭打者を四球で歩かせ、すかさず盗塁、2番打者の絶妙なバント安打により2塁走者が一気にホームイン。
 しかし、その後清水投手も本来の投球にに戻り、3、4,5番を討ち取り最少得点でしのぎました。
 2回の裏FFは、5番助っ人の岡田選手の内野安打や相手の早急ミス2つに付けいれ2点を返し逆転する。3回裏にも細川伸選手の今日2本目の安打が左中間を破るエンタイトル2塁打を4番の丸毛選手がレフト前安打で追加点を奪った。
 2回、3回清水投手も本来の投球6人で片付けてきましたが、4回表先頭打者にレフト前安打、盗塁を許し、3番のセンターフライでタッチアップで3塁へ進塁され、1死3塁、1点を覚悟したが、4番打者のレフトフライ(定位置よりやや前程度)を左翼手真茅選手のレーザービーム送球でタッチアップした走者が4m位手前で3塁に逆戻りするという珍しいことになりランダウンプレーの結果、ダブルプレーでしのぎました。
 5回からは、予定通り荻原投手への引き継いだが、いきなり5番打者にライトオーバーのホームランを浴び3対2と1点差に詰め寄られましたが、圧巻は5回の攻撃でした。
 今日3番の高橋選手のエラー出塁をきっかけに5番助っ人岡田の右中間の2塁打、満塁から7番真茅選手のライト前安打、8番渡辺選手がきっちりとセンターへ犠牲フライ、続く途中から代打で出場した鈴木選手が今日2本目のタイムリー安打と、打線が続き3点を追加し、6対3と優勝に大きく前進しました。
 6回表に安打2本と四死球2つとピンチがありましたが、最少得点でしのぐとその裏細川伸選手の3本目の安打のあと2盗、3盗し4番丸毛選手の犠牲フライで、ダメ押しの7点目を上げました。
 最終回、助っ人岡田がマウンドに上がりましたが、2四球とコントロールが定まらず、ここで再度荻原投手が登板し、その後の3人をきっちり抑え、7対3でFFの優勝が決まりました。
 エール交換の後、清水監督が3,4回と中に舞うFF一丸の胴上げが4年ぶりに行われました。
 その後のミーティングでは、FF結成以来初めてとなる全員が殊勲であり、さらに3安打した細川選手、助っ人岡田選手、腰痛から復帰し代打で2安打の鈴木選手、守備でレーザーピーム送球の真茅選手の4人だ2つ目の殊勲と決まりました。
 今日は、打線が次につなぐ、進塁を心がけることと、ノーエラーであったことが決勝戦という緊迫した一戦に出来たことが優勝となったことだと思います。
 今回、最後のKBL参戦で優勝できたことは、何かドラマを見ているようであるが、これが現実であることを選手一同本当に喜んでいることと思います。
 ウッディ  1000110 3
 FF    021031× 7
 

お見舞い

 投稿者:#7  投稿日:2010年 5月30日(日)23時39分14秒
  副将、腰の具合はその後いかがですか?
早く良くなってくれますよう、落ち着いて治して下さい。
復帰をお待ちしています。
 

新規登録選手の発表

 投稿者:幹事  投稿日:2010年 2月21日(日)11時27分43秒
  これまで強力な助っ人として活躍してこられた荻原さんが、2月20日にフォルテシモ選手として登録されました。
背番号は21番です。
これまで以上の活躍に期待です!
よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/4