teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/108 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

主将会議について

 投稿者:弘前大学医学部ラグビー部  投稿日:2011年 3月26日(土)19時58分13秒
  通報
  弘前大学医学部ラグビー部の主将 大志田創太郎です。新潟大学の主将の山口さんからこのような文章を受け取りました。私たち弘前大学は新潟大学と同じ考えで次の主将会議にも出席しようと思います。


先日、部長会議より「今後の東医体ラグビー部門開催について」が主将会議に提
出されました。この意見を受け、第55回(平成24年)東医体より安全対策につ
いてより一層の取り組みが必要と考え、以下の通り提案いたします。 1、東医体
ラグビー部門の開催内容について ・従来通り、15人制での開催とする。 ・
7人制はオープン競技としての開催を検討する。 2、東医体出場要件について
・各大学の部長が出場可能と認めた選手18人以上の登録を必要とする。 3、試
合中について ・1年生が試合に出場する場合、フロントローとしての出場は認
めない。 ・試合中、フロントロー経験者が不在となった場合、スクラムはノー
コンテストとする。 4、大会期間中以外について ・各大学とも、主将の責任に
おいて体幹のトレーニングを欠かさずに行う。 ・少なくとも1名以上のチーム
ドクターを必須とし、選手の健康状態やトレーニングに関し助      言を
求める。  以上の取り組みにより、大会中の重大事故のリスクを軽
減できると考えます。  この提案が可決された場合、結果的に部長会議の意見
に反する形となりますが、学生主体で運営するという東医体の原則に則り、部長
会議にはこの内容での開催を了承いただき、運営にご協力いただきたいと思って
います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/108 《前のページ | 次のページ》
/108