teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE:RE:唐竹 記録更新!?

 投稿者:IC-F7DB@豊橋  投稿日:2012年 3月19日(月)08時50分31秒
  管理人さま

ご返信ありがとうございます。
写真を撮ることは可能です。
公道に面していますので、特に難しいことではありません。
竹そのものならば、ネット上に載せても問題ないとは思いますが、竹林の全体感はちょっとまずいですよね。

切り倒された竹が何に使用されているのかは不明です。
単に廃棄されているだけのような気もしますが・・・(現場の雰囲気より)。

あと2~3ヶ月で唐竹もたけのこの季節です。
成長した竹よりも、あの太さで勢いのあるたけのこに圧倒されます。
今年もどんなものが生えてくるのか、今から楽しみです。




 
 

RE:唐竹 記録更新!?

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 3月14日(水)07時53分29秒
  IC-F7DB@豊橋様

節間直径6.7ミリのトウチクとは凄いですね。
実際のところ、トウチクの直径をいろいろ測定した報告は記憶にありませんが、恐らくその太さならば新記録かも知れません。

その太さのトウチクがかなりの頻度で生えている状況は、壮観とでもいいましょうか、見事なものでしょう。
地主さんが興味を示さないのは珍しい話ではありませんが、せめて、その凄い林相の写真でも撮れませんか。
しかし、勝手に撮影して、それがインターネット上に流れたりすると、また地主さんのご機嫌が悪くなるやも知れませんし、残念ですね。

ところで、地主さんが結構頻繁に切り倒されているとのことですが、何にお使いなのでしょうね。
その利用目的がわかれば、また別の面で興味が沸きます。
また、機会がありましたら、情報をお願いします。
有難うございました。
 

唐竹 記録更新!?

 投稿者:IC-F7DB@豊橋  投稿日:2012年 2月27日(月)11時51分49秒
編集済
  管理人さま

ご無沙汰いたしまして申し訳ありません。
その後、例の唐竹の径を計って参りました。
21.1ミリの周径がありましたので、円周率で割戻し、節間直径6.7ミリということが分かりました。

なんとか報告されているなかでは新記録となりそうです。
この竹林は、このサイズの竹が何本も生えていますので、もっと太いものも発見できる可能性は充分あろうかと思います。
いかんせん、よそ様の土地に生えているものですので、趣味だけで入り込んでまで計測することができません。

以前も書きましたが、地主さんは竹をあまり気に入っておられないようで、結構頻繁に切り倒されており、この竹林のなかでも太い竹が密集するエリアへもその手がいつ伸びるか、心配でなりません。
竹の状況から、この極端に太い竹は、生えてから10年近い年数が経っているものと思え、その意味でも心配です。
ここ数年の新たな竹は、ここまで太いものが出てきていません。

ただ、単にここの竹林の竹は、今のところ太さにおいて日本記録かも知れないですよ、なんて地主さんに教えても、おそらく何の意味もないでしょうね。
なんとか残す手段を考えたいものです。

すみません、以上遅くなりましたがご報告まで。





 

第9回世界竹会議のご案内

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年12月 3日(土)09時45分28秒
  第9回世界竹会議(World Bamboo Congress)が2012年4月10日~13日、ベルギーのアントワープ市で開催されます。
そこで、この会議に日本から団体で参加できるかどうか、希望者の声を募っています。
概略の計画では、日本の関空、中部、成田の各空港からほぼ似た時間に発着する飛行便を利用して現地で合流し、同一ホテルに投宿して団体行動で会議のみならず観光も含め楽しむ計画を立案中です。
参加に興味のある方は、ご連絡くださいますようご案内します。
 

全国竹の大会のご案内

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 9月 5日(月)21時23分4秒
  全日本竹産業連合会(全竹連)では、平成23年度の最重要事業として、第52回全国竹の大会愛知県大会を11月24日(木)名古屋市の「アイリス愛知」で開催します。

詳細は全竹連のホームページ http://www17.plala.or.jp/jba/ で紹介していま
す http://www17.plala.or.jp/jba/52%20taikai.pdf ので、ご覧のうえ、是非
ご参加くださいますようお待ちしています。
 

唐竹の太さについて

 投稿者:IC-F7DB@豊橋メール  投稿日:2011年 8月 6日(土)16時50分17秒
編集済
  管理人さま

ご返答いただき、ありがとうございます。
6.4センチですか、意外と太いですね~。

実際、測るには地主の許可を貰わないと入れないような場所なので、ちょっと様子を見ながら調査を検討したいと思います。
イメージ、その記録を超えられそうな気がするのですが、また測ることができましたらご報告したいと思います。

うまく説明できませんが、あまり太い唐竹は、その限度を越えてしまっているのか、まともに育たないみたいですね。
その竹林を見ていると、太いものは途中で変に生育不良の箇所があったりして、まともには育っていないようです。
その辺含め、調査できるタイミングを見計らいたいと思います。

本当にありがとうございました。
 

RE:唐竹の太さについて

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 8月 5日(金)07時18分2秒
  IC-F7DB@豊橋さん
 ご投稿頂きながら、見落としていまして大変失礼しました。
 さて、唐竹の過去最大の直径というのはどのぐらいのものなのでしょうか?とのご質問。これは大変難しいのですが、私が知る限りでは、京都大学フィールド科学教育研究センターの上賀茂試験地にある標本館で調査した愛媛県宇和島産トウチクの節間直径6.4cmが最大でした。
 古い話ですが、1997年、富士竹類植物園報告 第41号に「節間長の長いタケ」と題した報告の中に書きましたので、機会があればお目通し下さい。
 なお、このご質問はこのBBSにぴったりですから、これからも是非ご投稿下さい。大歓迎です。
 

唐竹の太さについて

 投稿者:IC-F7DB@豊橋メール  投稿日:2011年 7月16日(土)18時32分25秒
  初めまして。
幼稚園の頃から唐竹に興味があり、毎年たけのこが出てくる時期には注目をしている者です。
竹に関する知識はほとんどなにも持ち合わせていません。

唐竹について、どうしても知りたい情報があります。
現在住んでいるところのそばに、かつて見たこともないような太さの唐竹が密生している竹林があります。
その竹林を発見して3年経ちますが、今年もまたすごいたけのこが出てきたと思いながら一人感激していました。
ところが、そこの地主さんは竹を邪魔に思っているようで、結構派手に伐採も行っており、いつ全ての竹を駆逐してしまうか心配で仕方がありません。
まあ、こればかりは個人の土地のものですので、それを止めたりする権利は一切無いのは承知しています。

さて、質問なのですが、唐竹の過去最大の直径というのはどのぐらいのものなのでしょうか?
最近ネットで一生懸命調べてはいるのですが、どうしてもそれらしきデータが見つかりません。
ここのBBSにも筋違いな質問かも知れません。
答えそのものでなくても結構です、なにか手がかりか、どういったところに問い合わせればよいかのアドバイスでも有り難いです。
ご助言いただきたく、よろしくお願いいたします。
 

RE:大震災

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 6月19日(日)14時24分5秒
  NOBさん

私も貴殿の投稿をすっかり見落としてしまい、失礼しました。
何より、昨年お母様が亡くなられ、そしてお父様が施設入所とのこと、大変お気の毒に思います。加えて、大震災の影響も受けておられるようで、本当に何の慰めの言葉もありません。
どうか気丈にお過ごしいただきたいと願うばかりです。

ところで、先月ですが、福島県や岩手県の方から「モウソウチクの葉が枯れてきている。原発の影響ではないでしょうか」との問い合わせがありました。
確かに、気になる話ではありましたが、その頃、東北地方は葉変わりの時期でもありましたので、そのまま様子を見てはいかがでしょうかと返事しておきました。
その後、何の連絡もありませんので、多分、葉変わりによる紅葉、つまり「竹の秋」だったのかなと思っています。

このように、この大震災では色んなことが起こり、大変なようです。
どうか、頑張ってください。
 

大震災

 投稿者:NOBメール  投稿日:2011年 5月 4日(水)20時30分36秒
  またまた ごぶさたです。
布袋竹のご解答をいただいているとこと本日知りました。
ありがとうございました。
昨年 2本だけ採取して釣竿にしようと 現在乾燥中です。
釣竿になるのは、2年後かな~~。
でも 節の歩合はあまりよくありません。岩手の環境は布袋竹には過酷なのかもしれません。
その後(震災後)、釣りがしたくなり布袋竹の場所にも行って見ましたが、内陸部から沿岸部に行く途中の場所なので緊急車両や物資輸送の車両が積み替えや退避(休憩)のため多数停車しています。川や布袋竹の場所に行くのがどこか気が引けます。
それだけの重大事なのだと感じおります。
私事ですが、昨年母が亡くなり父が施設入所となりましたので、今年は8年ぶりに竹竿と釣りに時間を使おうと思っていました。
しかし、今は県をあげて沿岸部をサポートしようということになっていますので、しばらくは、竹と釣りは我慢かな~~と思っています。
いつか竹(釣竿)をいじれる時がくると思い沿岸部の復興に協力していこうと思います。
このような震災を、近くで体験したことは今後の私にとって、どういう意味を持つのか考えながら生きていこうと思います。
重い投稿になってしまい申し訳ありません。

http://www.geocities.jp/kawanoturi/index.html

 

レンタル掲示板
/12